沖縄移住考え方 家

ここでは、「沖縄移住考え方 家」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の沖縄の冬はご理解いただけたでしょうか。
私が寒がりで、暑いのは得意という体質のせいもありますが、
少なくとも、沖縄は常夏の地域ではないということは、わかっていただけたと思います。
当然、冬もあります。ただ短いですが・・・。
沖縄は常夏という先入見だけは持たない方がよいと思います。

今回は家についてですが、
安い物件では、2LDKの車庫付きで3万くらいからあります。
地域にもよって差が出ますが、新築2LDKでも6万くらいなら探せば出るのではないでしょうか。
那覇の小禄や新都心だと、もう少し家賃は高い気がしますね。

いきなり来てポンと家を発見するのは難しいでしょうから、初めはウィークリーマンションを借りてみることをお勧めします。
私は那覇のウィークリーマンションに3週間お世話になりました。
ポラリスマンスリーフラッツ那覇というところで、牧志のマックスバリュのすぐそばです。
ハローワーク那覇や、サンエーメインプレイスも徒歩圏内でしたので、大変便利でした。

家賃もそうですが、初めて住む土地で土地感はまるでないわけですから、よく見て、本当に住みやすいのか、見極める必要がありますね。
それでも、感覚で、それも内地と同じ感覚で決めてよいと思います。
深く悩みすぎても決められませんからね。住めば都なのかもしれません。

沖縄の場合は、那覇市内のゆいレール以外は、バス便か自家用車使用になりますので、駅から近いという、すなわち駅近(えきちか)という概念はそれほど存在しません。
むしろ、車の所有の有無によって、スーパーが徒歩圏内にあるとか、眺望がよいとか、そうゆうことが選ぶための基準になってくるのではないでしょうか。

年のうち、ある期間だけ沖縄で暮らす方もいるようで、そういうケースならばウィークリーマンション、マンスリーマンションの方が便利だったりもします。
ある期間というのは、例えば花粉の時期とかです。

なので、次回は花粉症についてです。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/93-3e980ae6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。