沖縄移住の考え方 冬対策

ここでは、「沖縄移住の考え方 冬対策」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定年退職などされた方で、移住をお考えの方は多いと思います。
移住するにしても、場所の選定には苦労される方が、多いのではないでしょうか。

基準としては、暖かいところというのであれば、南に位置する沖縄県というのは候補に上がって然るべきです。
しかし、ここで誤解のないように言っておかなければならないことがあります。
沖縄県は年間を通じて、常夏ではありません。

冬になれば寒い日だってあります。
ただ、寒さの質が内地とは違うのです。
内地の場合は底冷えといいますか、足の先からぐっと冷え込んでくる寒さかと思いますが、沖縄の場合はそうではなくて、風の寒さです。
島のせいか風の強い日が多く、またそれが北風ですので寒く感じるのです。

北風をまともに受けると、これはこれで寒いのです。
なんと表現したらよいかと言うと、夏にエアコンが効きすぎて涼しいというか寒いと感じる電車や、レストランの中といった、あの感覚に近いですね。
底冷えというよりは、風のせいでで寒いのです。

風がなくて、晴れていれば、体感温度としては暖かく感じるでしょう。
ただ2月ともなれば天気の悪い日が多いので、なんとなく、うすら寒い感覚ではないでしょうか。
ただ紫外線は強いです。
2月に太陽が現れたら、日焼け対策は必須となります。

ただ寒いと言っても、その期間と言えば、1月2月くらいなものですから、短いですね。
沖縄の冬は2ヶ月くらいと見ておけばいいのではないでしょうか。
因みに、前回の冬は我が家はこたつと毛布は未使用で過ごしました。
が、体の毛穴が開いてしまっているせいか、少しの寒さでも、とても寒いと感じます。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
そうですね、風による体感温度は低いと感じます。共産中国方面からの寒風が吹き込んで来るのでしょうね。
経験上通気性の悪い服ならそれほど寒くは無いと思います。
2009/11/29(日) 15:09 | URL | Be #k9MHGdfk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/92-337aa657
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。