沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やはり、石垣に来たからには現地の沖縄そばを食べねばならない。
と、考えたので、このお店をチョイスしてみました。
因みに、八重山地方では、沖縄そばのことを「八重山そば」と言うのだそうです。

店の名前は“来夏世”(くなつゆ)と言います。
石垣の名店と言われているこのおそば屋さんには、
かなりリピーターが多いと言う情報を得ていざ向かったのでした。

レンタカーのカーナビに“来夏世”の住所をセットして行ってみたのですが、
わかりにくくて、最初はスルーしてしまいました。
地図は⇒こちら
石垣小学校のすぐ隣となりますね。
来夏世”小さな看板を見つけやっとのことでたどり着きました。
駐車場も、店を小学校とは反対側の方に、5台分くらいのスペースがあります。


来夏世のそば

こちらが、ジューシーセットです。
この“来夏世”の八重山そばはとてもあっさりしていて、
気候が暑い中でも、スルスルッと食べられてしまいました。
麺は丸い形をしています。
ジューシーも、美味であってピパーチの新芽入りとかで、
しつこくなく、これまたあっさりなのでした。
当然、どちらもあっという間に平らげてしまったのは、言うまでもありません。
リピーターが多いのも納得ですね。

食べている間にも、お客さんが途切れることはなく、席は常に満席状態。
地元の方も、観光客もたくさん来ていましたよ。
ジューシーは、私たちのすぐ後に品切れ状態になりました。
早く来ないと、ジューシーなどのご飯ものは、品切れになってしまうことが多いのかもしれません。
食べてみたい方は、お気をつけくださいね。

あー本当に美味しかった・・・・。
また石垣島に来たらここで、食べたいなあと、そんな風に感じて、
とても満足したのでした。



スポンサーサイト

関連タグ : 来夏世, 沖縄そば, 八重山そば, ジューシー, そばだし,

読谷村にある花織そばのことです。
読み方は“はなういそば”と読むそうですので、念のため。

この“花織そば”先日ついに行く機会に恵まれました。
以前に1回行ったことがあったのですが、もうずいぶんと前のことでしたので、
ブログに書くには、ちょっと不安があったので、前からもう一度行き直したいなあ・・
と思っていたのでした。

県道6号沿いに位置している、沖縄そばのお店なのですが、
これまた人気店となっていて、お昼時の時間などは、駐車場に車が入りきれず、
路上駐車も出ている状態。非常に大盛況しているのでした。

中に入ると、2階はどうやら団体用の座敷席なんでしょうか?
大人数の方々が案内されていました。
我々は1階のテーブル席へのご案内となったのでした。
雰囲気は地元カラーが強いにもかかわらず、それがまた良いのか、観光客もたくさん訪れているといった感じです。

メニューを見てみると、定食も数多くあり、おそばの種類も豊富、定食も豊富。
沖縄のそばのお店というよりも、定食屋さんのイメージが強いかもしれません。
しかし、私はメニューの中から店の名前と同じ「花織そば」を注文しました。
3枚肉とソーキ肉が両方とも入っているではありませんか。
値段は¥600也。

運ばれてきたおそばの麺は平麺でした。
スープの味は、豚骨なんでしょうかね。それにかつおだしが混ざったような感じです。
しかし、澄んでいて、味も後に残るしつこさではありませんでした。
どちらかと言うと、あっさりになるのでしょうかね。
ソーキ肉と三枚肉は、しっかりと煮込まれていて、とてもよい味でしたね。
まあこうした味覚は人によって変わってくるので、あくまで参考程度までに・・・。

因みに私の連れの頼んでいた、海鮮のたくさん入っているおそばは、とても量が多く、
見たところ、ふつうのおそばの1.5倍はありそうでしたね。
全部平らげては、満腹感を味わっている様子でした。
また来よう!花織そば!と思いました。
次は定食でも食べてみたいですね。





関連タグ : 花織そば, 海鮮, 定食, 沖縄, 沖縄そば,

先日、我部祖河食堂沖縄そばを食べる機会に恵まれました。

南部ドライブの後、
本当は、カフェ“BE NATURAL”に行く予定が、
行ってみたところ、長期休暇とのことで、あえなく断念。
何回も見落としては、通過し、また通り過ぎ、やっとこさ車を停めてみたら、どうやら人のおうち?
といった具合に散々苦労して、やっとこさ辿り着いたのに、
まさかの事態でした・・・。流石にショックを隠しきれず・・・

そこで、南風原ジャスコに向かい、
我部祖河食堂沖縄そばでも食べようかと路線変更と相成ったわけでございます。
この日は、休みとあって、けっこうな混雑ぶりの南風原ジャスコでしたが、
ラッキーなことに我部祖河食堂には残席がありました。

食べたのは、3枚肉そば。
我部祖河

それに、ソーキの丼ぶりを一つ。
これでかなりの満腹感が味わえます。
おそばの味は、とてもあっさりで食べ易いのですが、
何と言っても3枚肉が美味しいのです。よく煮込んである感じがしますね。
きっと手間隙かけてにこんでるんでしょうね。
とても美味しくいただきました。
ソーキも同じように良く煮込んであるので、これだけ食べたらもう満足なんじゃないですかね。
そばは、大・中・小と大きさが異なるので、お腹の空き具合で決めてくださいね。

沖縄そばと、丼のセットだと、けっこう腹持ちがいいのですね。
この日は夜までお腹が空くことはありませんでした。


関連タグ : 我部祖河食堂, 沖縄そば,

首里ほりかわ


首里城のあたりで、ご飯を食べるとしたら・・・
この周囲はよく知らないので、フラフラ散策していると、
首里城のすぐ近くに、“首里ほりかわ”という沖縄そばのお店を見つけました。

たまたま道端に、小さな案内看板を発見。
その看板を頼りに路地の置く深くへ進んでいくと、ありました。
周囲はとても静かな環境で、店内は落ち着く雰囲気。
とてもお洒落な内装で、沖縄そばのお店というよりも、カフェという佇まいですね。

首里ほりかわ2


店内には靴を脱いで上がります。
表にもテーブルがあり、そちらは喫煙可能でした。

沖縄そばを頂きましたが、とてもあっさりの味付け。
かつおと豚骨のブレンドなんでしょうか。
とてもおいしいです。
トッピングに削りぶしが入っているのもまたいいですね。
麺にはすごくコシがありました。

いやはや、またしても路地裏の名店を見つけてしまいました。
首里に来たら、寄ってみてくださいね。
念のため地図を→こちら

関連タグ : 首里ほりかわ, 沖縄そば, ,

らーめんフェスタ

沖縄といえば、沖縄そばの店舗の多さにまず驚かされます。
そして、そばといえば“沖縄そば”のことを指すので、
ラーメンや日本そばのお店はあまり多くないというのが実情です。
そんな中、ラーメン好きな方には朗報のお知らせです。

何と、らぁ麺ふぇすた!!(ラーメンフェスタ)というイベントが開催されているのです。
期間は2月1日から5月8日までで、今回は2回目とのこと。
方式は、沖縄本島で美味しいといわれるラーメン店14店をスタンプラリーで巡るというものです。
まずスタンプラリーのカードを1店目でゲットしなければなりませんが、
3店目、6店目、8店目と景品がもらえて、
なんと10店目では、14店共通・トッピング年間無料パスが貰えてしまうのです。
全店制覇の暁には「参加店ロゴ入り 有田焼特製丼」までいただけます。
これはかなり魅力的ではありませんか。
なかなか面白い企画だと思ったので、私も何店舗か行ってみようかと検討中です。
沖縄に移住してからは、やはり沖縄そばの方に目が向き、
ラーメンはあんまり食べていなかったですからね。懐かしくも思います。

詳しい参加店などの情報は、上記写真を見てもおわかりかもしれませんが、
那覇経済新聞にも記事が掲載されていました。
グーグルで「らぁ麺ふぇすた」で検索かけてもらえると、
いろいろな情報が出てきます。
自分のお気に入り店を見つけて、いろいろな景品をゲットしましょう。

各店独自色があっていろいろなラーメンを食べられて、
その中でお気に入りのお店を見つけられたら嬉しいですね。




関連タグ : らぁ★麺ふぇすた, ラーメンフェスタ, スタンプラリー, トッピング, 沖縄そば,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。