寒川神社で御祓い

ここでは、「寒川神社で御祓い」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年1月

東京に帰省した時に、
神奈川県にある寒川神社に行ってきました。

沖縄に移住してから5年になりますから、
その間に何回か内地に帰省しているものの、
内地で車を運転する機会がほとんどなかったのですが、
今回は久しぶりに東名高速なんぞを走行してしまいました。

沖縄では毎日運転しているんですが、
やはり内地とはどこか違うと思っていたんですが、
自転車が内地は多い、それと路上駐車も多いという点が明らかに違うのではないかな。
などと改めて思いました。

話は寒川神社の話でしたね。
神奈川県まで1時間30分くらいドライブして到着したんですが、
結構な人で賑わっていまして、無料の駐車場には停められず・・・
仕方なく1日500円のコインパーキングに駐車。

神社では、ちゃんと御祓いをしてもらうべく、3000円払いました。
こうした神社は沖縄にはないので、なかなか新鮮な空気を感じますね。
それにしても人が多くて、順番待ちのための時間も長いです。
用紙にいろいろ記入して受付で3000円払うと、
番号札をくれるのですが、同じ番号札の人が50人かもっと多いくらいのグループに分けられていて、
順番で呼ばれて、本堂へ向かうというシステムになっているんですね。

本堂ではいったん別の部屋に入れられて、そこで神主さんから御祓いを受けます。
その後、前のグループの祈祷が終わると、
扉が開かれてご本尊の前に誘導されて着席して、さらに祈祷ということになります。
なんという効率のいい流れなんでしょう。関心しました。

本堂での祈祷は、各個人の名前を3人の神主さんが同時に読み上げるので、
自分の名前を聞き取るのはかなり難儀です。
それもかなり早い口調でバーッと、お経のように読まれるものですから、
集中していても厳しいものがありますね。
これも修行の内なんでしょうか。
当然私は自分の名前が読み上げられた事には気がつかず・・・

集中力が足りないのか。「いまここ」の瞬間に生きられていなかったのか・・・?
自分はまだまだなんですねえ。
こんな考えもエゴの一つ・・・なんて声が聞こえてきた気がしました。

無事に祈祷が終了すると、
お札や、お酒、お守りなどの入った袋を受け取って終了となります。
沖縄に戻った後、部屋の中にそれを置いておくと、四方八方の魔よけになるのだそうです。
沖縄の家に戻った後、ありがたく飾らせていただきました。
神社での御祓い、これもまた面白い経験をさせてもらいました。

寒川神社



にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/688-40323996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。