AirAsiaに搭乗してみたら その2

ここでは、「AirAsiaに搭乗してみたら その2」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.1

エアアジア・ジャパンに搭乗してきたレポートの続きです。
成田空港第2ターミナルの到着階の1階の端にチェックインカウンターのあるエアアジア・ジャパンですが、
なんと、その場所の近くに、搭乗口へ続く通路もありました。
カウンターでチェックインした後、ハンコをもらい、
簡易的な通路を歩いていくと、セキュリティチェックがあります。
ここで搭乗券にハンコをもらわないとまずいらしいですが、まあまず漏れることはないでしょう。

ここで手荷物の検査を受けて、進むと、
搭乗待合室に出ます。
当然バスを利用するゲートになりますので、ここからは飛行機は見えません。

この搭乗待合室には、でかでかとAirAsiaの看板を掲げた売店が1つと、トイレがあるくらいで、
とても簡易的な構造になっていて、いかにもLCCの待合室といった風情です。
売店をチェックしてみると、お土産用のお菓子なんかも置いてありましたので、
買い逃した方は、最悪ここで買うこともできますが、種類には期待しない方が無難でしょう。

この日は定刻より15分ほどの遅れで、バスへ案内となりました。
優先搭乗の人が先、次が前方座席、後方座席の順番でバスに案内されました。
バスで、空港内を他の飛行機を見ながら進むこと5分。
搭乗するAirAsiaの赤い飛行機が見えてきました。空港内をバスで走るのってなんだか新鮮でした。
旅情気分も盛り上がったころ、バスはシップサイドに到着。
ところが、ここでも待機。
なぜなら、飛行機が給油中だからとのこと。

airasia1


バスの中で立ったまま5分ほど待機の後、給油が完了したらしく、ようやく機内に案内されました。
座席の間隔はやはり狭い・・・と感じます。
これだと長い時間となるとつらいかもしれませんが、
本日は沖縄まで2時間50分とのこと。何とか耐えられそう・・・

飛行機が動き出してからも、離陸用の滑走路までかなりの距離をタクシーし、
ようやく滑走路まで来たものの、順番待ちとなり、
離陸までかなりの時間を要しました。
これは成田空港特有の条件で致し方ないことなのかもしれません。

なお、エアアジアジャパンは機内持ち込みの飲食物は機内で飲食できません。
機内で食べたければ購入しなければならないので、ご注意ください。

この日は沖縄までは快適な飛行でした。


にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/687-15e2a8a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。