ジェットスターで東京へ その2

ここでは、「ジェットスターで東京へ その2」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、ジェットスターのGK134便の成田行きは、
バスゲートでなくて、普通の搭乗口24番に横付けされてました。
おかげで、ターミナルビルからそのまま乗り込むことができました。

JetStar2
手前に写ってるシルバーの機体がこれから乗るジェットスターです。
機体はエアバスのA320で、LCCがよく使っている機体ですね。

乗り込んでみると、
左右に3列&3列の単通路の構造です。
噂によると、180席仕様になっており、かなり強烈に狭いということでしたが、
意外とそうでもないです。
狭いには狭いですが、東京までの2時間半から3時間くらいなら我慢できる範囲です。
私の場合は、膝が前の座席にぶつかりはしませんでしたが、
ちょっとお尻を座面の前の方にすると、前の座席にぶつかるというくらいですね。
身体の大きな人にとっては、窮屈かもしれませんね。
まあ、これも安い航空運賃のために我慢できる範疇に入るのでしょうか。

JetStar3

なお、肘掛けは上がるには上がるのですが、
バネが仕込まれていて、バタンと戻ってきてしまうので、
跳ね上げたままというわけにはいかないようでした。
これは3席全部を占領して横になるという行為をさせないためなんでしょうか。
という割には、離着陸時には、「肘掛を元の位置にお戻しください」という
アナウンスが流れていたような・・・
やはり、私の座った座席の肘掛だけがおかしかったのかしら・・・?

機内販売では飲み物などを販売。
フリーではありませんが、価格としては良心的ではないでしょうか。
ジェットスターは機内持ち込みの物を飲食してOKなので、
私は今回は事前に買い物しておき、後は寝て過ごしたので機内販売のお世話にはならんかったですが・・・

成田までは順調に飛行して、ほぼ定刻の12:40に到着。
滑走路34Lに着陸したので、駐機場までも近かったせいもありましょう。
ほぼ時間通りの運行でした。
成田空港ではターミナルに直結というわけにもいかず、
沖止めされバスにてターミナルビルまで運ばれました。
簡易的な荷物ターンテーブルが2つある、質素な造りの建物の中を抜けると、
そこはまぎれもなく、成田空港なのでありました。

今回は、2190円で購入したチケットでしたので、
本当にバスに乗るような感覚で、沖縄から成田まで運ばれたことになります。

いやあLCC格安航空)は素晴らしい!
もっと運賃が恒常的に安くなってくれたらいいのになあ・・・


ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/683-21222214
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。