インドから沖縄へ戻って気づいたもの

ここでは、「インドから沖縄へ戻って気づいたもの」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年6月にインドへ行ってきて、
それから、しばらくの間は夜勤の仕事をして、
相変わらず昼夜逆転という生活をしていたんですが、
自分の中で何かが変化していきました。
沖縄移住生活も3年目を向かえていました。

当時は、スピリチュアル的な本にもはまりつつあり、
また瞑想座禅といったことにも興味を持ち始めていた時期でもありましたので、
気づきへの道へまっしぐらといった形でした。
今となって考えてみると、まだまだ自分の中に芯なるものができていなかったのですが、
その芯ができるという基礎が形成されている時期であったのかとも思えます。
そこへインドがある意味引き金となったのかもしれません。

インドから何を得たのか?
何が気づきをもたらしのか?

これはインドに限らず、海外に行くとよく感じられることなのですが、
日本のことが外からよく見えるようになるということです。
日本の国内に居ると、内からの視点でしか見ることができないのですが、
国外に出てみると、外から日本が見えるので、また違った日本を見ることができるのです。

インドでは貧しい人々もたくさん居て、
タクシーに乗っていて信号待ちでもしようものなら、必ず乞食がやって来ては、
窓を叩いたりして「お金を寄こせ!」と言ってくるのです。
この状況には本当にびっくりします。
初めてインドに行った時には心底びっくりしたものです。
お金って何だろう?
この人たちはいったい普段は何をしているのだろう??乞食か仕事??
とその状況に対して何も対処できない自分が居て、何だか変な気分になったりと・・・
というかどう対処してよいのやら・・・
とても考えさせられることが多いのです。

結論を急ぐと、
比較するのもどうかと思うのですが、
こうしたインドの人々からしたら、自分たちはいかに恵まれているのだろう。
自分たちが考えて、悩んでいることなんて、この人たちからしたら大した問題ではないのではないかと。
いったい、何に悩むというのだろうか?
いったい、何が悩みや問題なのだろうか?
という疑問が沸き起こり、言葉を失うのでありました。

日本国内にいたら、いかに日本は快適で過ごしやすくて問題がないということには、
なかなか気が付かないのかもしれませんね。

そういったことを改めてインドは教えてくれた気がします。
しかし、今の日本の現状を見ると、必ずしも日本人は幸せそうではありません。
対して、そんな状況下でも、快活に、幸せそうに生活しているインド人を見ていると、
この状況でもインド人は幸せに生活する何かも持っているに違いないとも思えてきます。

必ずしも物質的に豊かであることが、
大きい意味での幸せに結びつくものではないのではないか?
というところまで議論は進んで行ってしまうのでした。

と、インドから「幸せ」って何だろうか?
という所まできてしまいましたが、
こんな大きなことは、いっぺんには語れませんから、
また沖縄移住後の気づきについてに次回から話を戻しましょうか。


ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/666-d051633e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。