適応障害から立ち直った??その2

ここでは、「適応障害から立ち直った??その2」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄に移住してある意味夢を実現してしまったのですが、
それは、また夢とは反対方向へ進んでいくという事態になったのでした。

適応障害に自分がなるとは・・・
そして休職して、退職して、失業給付をもらいながら、
仕事もせずにブラブラと半年。
この半年間は本当に、いろんなことを考えましたね。
今となっては、考える必要などないのですが、当時はどうしてもそういう思考回路になってしまうんです。

ただ、当時と今とで、明らかに違っているのは、物事を見る視点が変わったということです。
例えば、円錐を下から見ると円ですよね。
上から見たら、真ん中に点がある円かもしれません。
また横から見たら、三角にみえるかもしれません。

このように、見方によってずいぶん変わってくるものなんですが、
当時はそんな考え方はなくて、ただ、円なら円を見るだけ・・・
その視点では、いろいろなことは見えてこないですよねえ。
いまでこそ、こうした文章を書き、多面的に見ることができるようになって、
だいぶ落ち着いてきたんですが、ここまで来るのは大変なような、そうでもないような・・・
気づきの類は、そう思っていてもなかなか気づかないんです。
ふとした時、「ああ、これか!」となるんです。

さて、話を戻すと、
失業給付が切れると、今度は生活に困窮してくるので、
仕方なく仕事を始めたものの、
当時は、自分のことが大嫌いですから、ちっとも面白くないわけです。
周りの目ばかりを気にして、自分の生活を決めていくという態度で、生活していきます。
その態度は、逆に自分をどんどん苦しみの方向へ持っていくことになりました。
これはでは本当に幸せを得ることなどできないばかりか、
人に幸せを与えることなど、到底できるわけがありません。

この生活態度が、実は悪循環を生みだしているんですが、
これに気づくわけでもなく、気がつくどころか、全く違う方向へ行くことになります。
こともあろうに、夜勤の仕事に転職したのでした。
家族には「夜勤なんて・・・」と反対されながら・・・
そこで、2年間夜勤のシフトをこなし、
結局身体を壊して退職という、意図とは違うことをすることになるわけです。
病名としては、胃潰瘍が治らないということであったのですが、
そこまで、ストレスを抱えていたわけではないんで、
夜勤という昼夜逆転させて生活するということが、いかに身体に影響を及ぼすのかを、
学んだわけなんですね。

もちろん、夜勤が全然平気な人もいます。
自分は合わなかったですけれど・・・・

と、めちゃくちゃな生活を続け、気づきなどとは程遠い位置にいたのかもしれませんが、
本当は、こうした道は必要であって、起きてくる事に無駄は一つもないんだな・・・
と思わせる出来事が、この夜勤にの勤務期間中に起きてくるのでした。

まず、自分がヨガを始めたということが一つ。
それと人生を大きく変える出会いがいくつかあったということです。




ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ






関連記事

関連タグ : 適応障害, 気づき, 夜勤, 胃潰瘍, 生活,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/658-949dd49e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。