ダライラマ14世 沖縄講演

ここでは、「ダライラマ14世 沖縄講演」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年11月11日

ダライラマ14世の沖縄講演に足を運んでみました。
3年ぶりの来沖ということで、3年前は沖縄にダライラマがやって来たと後から知ったので、
しまった・・・という気持ちが強かったのですが、
今回は、9月のチケット発売の時から、準備周到に用意していましたので、
この日を迎えることができました。

ダライラマ14世の本などは、何冊か読んだこともあり、
どんな人なんだろうか・・・
と思っていたのですが、登壇したダライラマ14世は輝いて見えました。

講演自体は、ダライラマが話をしてから、
通訳の人が翻訳してくれるのですが、
ダライラマ14世は、話すことがとってもお好きなようで、
英語でついつい15分くらいの間話されてしまうといった雰囲気でした。

通訳の担当の方は、15分の話をメモしておいてから、日本語に訳してまとめて、
会場で発表するという離れ業をやっており、さぞかし大変なのであろうなあ・・
本当に大変な作業だろうなあ・・・
と思いながら、翻訳を聞いておりました。

だいたい2時間近い時間があったのですが、
ダライラマの講和は半分の1時間ということになりますね。
もっともっと、話を聞きたいという衝動にかられましたが、
まあこの言語の違いというのは致し方ありませんね。

話の中心は、やはり利他の心を大切にするということになりましょう。
今の世の中は自分中心に物事を考えがちであり、
自分さえ良ければOKという考え方が多くなってきている感がある。
往々にして、そんな考えに陥りそうになるのだけれど、
そこをぐっと振り返って、利他の心を思い出し、
他人にやさしくなれるように、今後の21世紀の方々はしていかなければならない。
など、人としての心構えを語られていたのが印象的でした。

本来は人間は一つであり、
みな同じ苦しみをかかえているという事実もまたあるので、
自分ひとりだけじゃないんだよ、
みんな一緒なんだよ。ということも思い出して欲しいようなことも言っておられました。

これは言い換えれば、「ワンネス」の世界とも通じるところがあり、
やはり、行き着くところ人間の心は、
そういう部分に幸せを求めるべきのところ、
物質主義の影響か、将来にお金があったらとか、将来こうなったら、これが手に入れば・・・
といった部分に幸せの価値を求めてしまうのですが、
本来は、そういったところに幸せは存在しないんだということを、
ダライラマは言いたかったのかもしれませんね。

今後の自分のやりたいことの一つに、
みんなが楽な精神状態で生きるためには、どうしたらいいのか?
どんな風に人生を生きたら、どんな風な心で人生を生きたら、
人は幸福感を味わえるのか?
といった部分を伝えてみたいというのがあって、ずっと考えているのですが、
そのような話は、今後に譲ります。

次は、また沖縄移住からの気づきに戻りたいと考えています。
今日はこの辺で。
みなさんに幸せが訪れますように!



ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/656-42f0974e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。