沖縄にて適応障害に??

ここでは、「沖縄にて適応障害に??」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄で気づきを得るまでの、続きになります。


思えば、今から4年くらい前になるんです。適応障害と診断されて治療してたのは・・・
沖縄移住にかなりの時間を費やしてきて、パワー全開で沖縄移住を達成してしまったのですが、
その後が、まずかった・・・
というよりも、今は通るべき道だったのか・・・との思いの方が強いです。

移住後、すぐに仕事も決まり、かなり順調だと思っていた矢先に、
突然にして適応障害に罹りました。

何故?何故内地から沖縄に移住して適応障害に?
何故、内地で適応障害にならない・・・?
自分の移住計画は間違っていたのか・・・?

この時は、さらにパニックになりましたね。
会社がつまらない・・・自分のやりたいことではない・・・
なんか夢見た移住とは違うではないか?
という、現実に引き戻されていく自分がいて、そんな自分がとても嫌になっていたのと、
会社での成績がなかなか上がらないことに対する自分の苛立ちも重なって、
少しずつ壊れていったのかもしれませんね。

適応障害とは、その状況に適応できずに、心身ともに異常をきたすことです。
私の場合は眠ることができませんでした。眠くもならないのです。
そして眠くなっても眠れない、すぐに目が覚める。一晩中悶々過ごすといった具合です。

心の中で思い描いていたことと、現実とのギャップ。
ありきたりではあるのですが、ここでの心の処理が当時はうまくできなかったのでしょう。
ある日、会社に行くと突然壊れてしまいました。
デスクに座ったものの、全くやる気がおきません。
パソコンの電源も入れずただ座っているだけ・・・
そんな時間が嫌になってしまい、「帰ってもいいですか?」となり、
そのまま帰宅しました。

今思えば、何ともおかしなことをしたもんだと笑えますが、
当時の自分はかなり真剣ですからねえ。
頭痛も伴っていたので、脳外科に行った方がよいかもしれないとも思いましたが、
家族のすすめで心療内科に行くことになりました。
そこで適応障害と診断されるわけですね。

ここで、人間の心はもろいなあと思いました。
今では、心に対する考え方が、根底からひっくり返ってしまい、気づきを得ることができたので、
もう、今後はこのようなことにはならないと思えるのですが、
当時はそこまで考える余裕などあるはずはありませんでした。
むしろ、世間体というか恥ずかしさの方が強かったのではないでしょうか。

結局、これが原因で会社を退職することになってしまいましたが、
沖縄移住をすることで、学ぶべき人生の課題がこの時を起点にやってきたのでしょう。
そんなことに気づくまでには、まだまだ長い時間がかかるのですが、
まず、自分がこの適応障害になるという行為が必要だったということは、今になってよくわかります。

しかし、適応障害がある程度治っても、
気づきを得るためには、まだまだ数々の難関が待ち受けているのでした。


続きはまた次回。


ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/653-d7658428
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。