牛乳が946mlの謎

ここでは、「牛乳が946mlの謎」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄に移住して、びっくりしたことの一つに、牛乳パックが946mlだったというのがあります。
内地では、牛乳パックといえば1000mlが普通です。

沖縄に移住した直後は、「ああ、原油価格の影響で牛乳を値上げしたくないから、量を減らしたわけね。しかし何でこの量に??」と真剣に思ったものでした。
ある日友人にこの話をしたところ、「いや違う、沖縄では昔からだよ」とあっさりと言われてしまいました。

そこで調べてみると、やはり沖縄県では、牛乳パックは946mlと473mlの2種類が主流。(内地では1000mlと500ml)
この原因は米国のガロンに由来しているようです。
4分の1ガロンは約946mlになるので、米国が統治していた時代のなごりとも言えますね。
それに沖縄は酪農に向かない亜熱帯気候であることも影響し、牛乳を生産するコストが高いのだそうです。よって946mlでちょうどよいとかいう話もあります。

確かに牛乳の価格は、内地よりも高いです。
今はどうか知りませんが、内地の某ドラッグチェーンでは1000mlが約130円で買えていたのに、沖縄では218円からと倍近い値段になっています。
乳の出る牛は確かに寒い地域の動物なので、沖縄で飼育となると、様々なコストがかかって大変ですよね。この値段でも仕方がないのかもしれません。
酪農家の方々の苦労がうかがえます。

473mlの牛乳パック
牛乳473
関連記事

コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/08/17(火) 10:23 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/64-bef1c6db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。