那覇空港にLCCが続々就航

ここでは、「那覇空港にLCCが続々就航」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ沖縄にもLCCが就航して、今後の沖縄への集客に期待が高まるところですが、
安くなればよいのかという議論もあるようで、なかなか一筋縄ではいかないようです。
沖縄に来るためには飛行機が主流というか、ほとんど飛行機しかない状態ですので、
やはり航空運賃の上下というのが、大きく鍵を握ることになるのでしょう。

現時点では、ジェットスター・ジャパンとエアアジア・ジャパンの2社が那覇ー成田に就航していますが、
お盆時期の搭乗率は上々だったようで、早くも人気を集めている模様です。
ただ就航先が、成田空港ということで、どこまで都心方面からの利用が見込めるかがポイントですが、
「東京シャトル」なる1000円(事前予約必要)で利用できるバスも運行を開始したことから追い風になっているのでしょうか。
成田空港から都心まではどう頑張っても1時間以上かかるのと、
成田に到着する時間が遅いと交通機関が終わっていて、最終目的地の終電に間に合わないといった事例や、
成田空港の運用時間が23時までという門限付きのため、飛行機自体が23時に間に合わないといったことも発生しました。
まだまだ課題の多いLCCですが、やはり価格の面では有利であることに変わりはないので、
今後様々なことが改善されてくれば、利用もしやすくなるのではないでしょうか。

那覇空港に就航するLCCとしては、10月18日にピーチが関西ー那覇線就航を決定したことで、
3社揃い踏みしたことになります。
ますます競争に拍車がかかることは間違いないでしょう。

那覇空港としてもLCC専用ターミナルを開設という記事を見かけました。
どうやら全日空が使用している貨物ターミナルの一部を改装して使うということですが、
10月18日のピーチの就航に合わせる形で供用開始となる模様です。
貨物ターミナルの一部を利用するなんて面白そうではないですか、きっと飛行機までも歩いていくという、
海外のLCC専用ターミナルによくある構造に建物になるんでしょうね。
搭乗する人しか入れないと思われますので、マニアの方は必見かもしれません。

まず、航空運賃の値下げは、沖縄の人も内地に行きやすくなるし、
もちろん沖縄に観光に来る人も気軽に来れる様になるという、双方の利点は大きいと思われますが、
その反面、沖縄の観光業界にどんな影響を与えるのかという不安もありますね。
飛行機の価格破壊につられて、ホテルなどの地元の観光産業に値段も下がっていき、
結局は地元は潤わないという事態も考えられます。
まだまだ余談を許さない状況ですが、LCCのもたらす経済効果には大きく期待し、
それが持続可能なものになることを切に願います。

沖縄の人々の持つ、人を受け入れもてなす心。
こういったものが前面に出てくる時代になってゆき、
それがいろいろなところに伝わっていくということになれば、沖縄に来て良かったと思ってくれるのでは・・・
などと、このお題目とはだいぶかけ離れてしまいましたので、
ここら辺で。


ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/636-5ced3985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。