東京シャトルというバス 成田空港から都心へ

ここでは、「東京シャトルというバス 成田空港から都心へ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年7月9日より、ジェットスター・ジャパンがいよいよ沖縄に就航しました。
それにあわせて、成田空港へのアクセス改善の一つとして、
東京シャトル」なるバスが、成田空港-東京駅・東雲車庫間で運行されることになりました。
運行会社は京成バス成田空港交通です。

今後増加が予想される、格安航空会社(LCC)の成田空港就航を見込んで、
東京都心と成田空港とのアクセスを見直していこうということのようで、
以前からこうした料金の安いバスの運行が計画されていると聞いていたので、
ついに出たかという感じです。

気になる料金ですが、
成田空港-東京駅・東雲車庫間で
ご乗車1ヶ月前まで予約購入 1000円
ご乗車前日までの予約購入 1500円
当日のご購入 2000円
と、早めの購入が有利なようです。
なお、9月上旬まではデビュープライスとかで、何と800円での利用が可能。
これはかなりお得感があるのではないでしょうか。
詳しくは、京成バスなどのホームページをご覧ください。
チケットはコンビニなどで購入も可能なのだそうです。

運行ダイヤとしては、ほぼ1時間に1本の割合での運行になっているのですが、
肝は、深夜の運行があるということですね。
何と東雲車庫を1:00、東京駅八重洲口を1:30に出て、成田空港第2ターミナルに4:00の到着。
という便の設定があるのです。
距離の割には、だいぶ時間が掛かる便ですので、途中で休憩するか、一般道を利用するかするのでしょうか。
詳しい運行内容に関してはまだ把握できておりませんが、
この半夜行的な便を使うことで、以前に書いた「ジェットスタージャパン成田6時発
のように前泊したり、自家用車で成田空港まで来るという必要はなくなりそうです。

早朝の4:00に成田に着けば、とりあえず6時発の便でも怖くありませんね。
しかし、あんまり眠れないという恐れはあるのですが、
やはり航空券の安さには変えられないといったところになるのでしょうか。

成田からの戻り便最終は23時台ですから、あんまり変わりません。
このバスに乗っても東京駅着が0:25となり、場所によってはその先の電車がないということにもなります。
まあ成田空港が23時以降の離着陸が原則できないことになっていますので、
致し方ない面もあるのですが。

ジェットスター・ジャパンに続き、エアアジア・ジャパンも就航し、
賑やかになってくるはずですが、この東京シャトルと共にどうなっていくのか。
この夏を境に航空会社の状況が一変して、
沖縄にも多くのLCCが飛んできてくれたら嬉しいですね。
沖縄に来るためには飛行機が一般的ですので、もっと多くの便が就航し、来沖しやすい環境になると、
観光産業も潤うはずなのですが、道のりはまだまだでしょうか。


ランキングに参加してます。よろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/622-361e862b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。