スカイマークの宮古割

ここでは、「スカイマークの宮古割」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークが新運賃を出してきました。
最近の3月25日から適用になったこの運賃は、「宮古割」「関空割」というタイプのものです。
以前に、那覇-宮古の航空運賃を安く買うにはという題で記事を書きましたが、
その時とは若干様子が変わってきました。

当時スカイマークは那覇-宮古間でWeb割7と言うタイプの運賃を出し、
7日前までの予約で2800円という破格を提示していましたが、
この3月27日からは、「宮古割」という空席連動型の運賃を適用するようになりました。
これにより運賃に幅が出てきて、必ず最低の2800円で購入できるとは限らなくなりました。
最低は2800円ですが、最高は8800円とかなり幅が出ています。
搭乗希望日の運賃が果たしていくらなのかは、その都度調べてみないとわかりませんが、
本日4月7日11時の時点で4月いっぱいの期間の運賃を調べてみたところ、2800円の便もありましたが、
全体的に少し高くなった感じもしますね。
まあGW突入前で値上げしている部分もあるかもしれませんが。

続けて、かなり先の6月分とかを調べてみると、最低2800円の運賃が多く見受けられます。
ということは、出発日が近くなると、どんどん値上げしてくる傾向にあると言えます。
ただ、空席連動とのことですから、ガラガラの便に関しては2800円で乗れるチャンスがあるとなりますね。
たぶんJALやANAの運賃形態とも密接に関係しているのではないかと、そんな気がします。

そこで、同じ日の同じような時間帯のJTA便やANA便の那覇-宮古も調べてみたところ、
かなりいい勝負しています。
便によってはJTAの方がスカイマークより安い場合も見受けられました。
これは、その時の状況による微妙な問題ですので、
いつもその通りであるとは限らないところがミソですね。
購入するタイミングによって運賃差が生じるということになります。

もし、宮古島に行こうと思ったら、
前までだったらスカイマークが一番安いみたいなところがあったのですが、
状況が変わり、JTAANAのサイトで運賃をマメに調べないと、
どこが一番安いのかわからないということになってしまいました。
情報が大切だということでしょうか。

なお、那覇-関西の関空割も同じ空席連動型運賃ですので、
日にちによってだいぶ格差が生まれてくるという状況です。
安い運賃の日に合わせて旅行するしか防衛策はなさそうなのですが、
そうは言っても無理だよ~という方は多いですよね・・・・悩ましい限りです。

とは言っても、安い運賃を見つけた時に喜びを感じてしまうのは私だけでしょうか。
一生懸命に安いものを探して、楽しい旅の準備ができたらなあと思ってしまいました。
とにかく航空運賃を安くしようとしているLCCキャリアには、今後に期待します。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/606-f69981d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。