野甫島と野甫大橋

ここでは、「野甫島と野甫大橋」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年3月

伊是名島から渡ってきた時に着いたのが、この野甫島でした。
海がきれいで、綺麗すぎて、思わず息を呑んでしまいそうになる光景を目にしましたので、
その海のきれいさを再確認するために、もう一度やって来ました。

まず野甫大橋から見る海は最高です。
今日は曇の天気でしたが、晴れていたらかなりヤバイ景色になるでしょう。
橋の上から下の海を覗いて見ると、
こんな感じです。↓
野甫大橋

底まではっきりと確認できますね。
これくらいの透明度だと、もしかしたら宮古島に匹敵するかもしれません。
どこの海が一番きれいかとなると、その日の天候で海に入る光量にもよって見え方も変わりますし、
どこから見るかという場所によっても変化してくるので、
ここだ!と一概に決め付けるのは非常に難しいのですが、
ここ野甫島の海の色は、かなり上位に上がってくることは間違いないでしょう。

そんな光景を目にできる野甫大橋ですが、橋自体の橋梁部分はとても短くすぐに渡ってしまいますし、
伊平屋島と野甫島も目と鼻の先といった距離なのですが、
この海峡は非常にくせ者で、潮の流れが非常に速く、泳いで渡るのは危険だとか聞きました。
野甫大橋2
本当に距離は短いので泳げそうな気もするのですがね。
それができないとなると、この橋の存在は本当に大きなものなのですね。
潮の流れって本当に怖いなあと、思いました。
観光で行ったら無理は禁物であります。知らない海はこわい・・・

野甫島も1周してみました。
風力発電所があったり、ヤギが放し飼いとか、なんとものどかな島でした。

近くの米崎海岸のビーチは、貸切状態でした。
しばらくの間ボーっとしたりできます。
米崎海岸

今度は東海岸沿いを走り出すと、北緯27度線の標識がありました。
北緯27

この緯度の北緯27度00の真下に居るっていうのも、不思議な感覚ですね。
日本列島の他の場所にもこうした北緯○○度00という場所はあるんでしょうけれど、
こうした標識は初めて見たので、少しだけ感動しました。


ランキングに参加してます。よろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ

関連記事

関連タグ : 野甫島, 野甫大橋, 北緯27度, ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/601-041881a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。