伊平屋島 クマヤ洞窟と久葉山

ここでは、「伊平屋島 クマヤ洞窟と久葉山」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年3月

伊平屋島の北部は田名という集落を過ぎると、ほとんど人が住んでいません。
念頭平松を越えると、ほとんど人の気配は感じられなくなり、
1人で車を走らせているのが怖くなってきますね。

そんな中、海沿いに現れたのがクマヤ洞窟です。
クマヤ洞窟の標識で気が付きましたが、いったいどこに洞窟があるのやら・・・
上を見上げると、崖に取り付けられた階段を登りきったところが、洞窟の入口であるらしいです。
階段を登るのは難儀に思いましたが、
ここまで来た以上は行ってみようと、ゆっくり登り始めました。
登りきって下を見下ろすとこんな感じです。
クマヤ洞窟

ここに本当の洞窟の入口がありました。
天照大神がここに隠れたとされる洞窟だけあって、内部は神秘的な雰囲気ですが、
ちょっと怖くて入れませんでした。
入口が結構狭く、足場もしっかりしていないので、
ちょこっとだけ中を覗くにとどめました。いやはや。
クマヤ洞窟2
ガイドブックにあったように、今にも神が現れてきそうな気がしましたよ。

また車に戻り、今度は伊平屋島の最北端を目指します。
与論島とほぼ同じような緯度に位置するので、沖縄県の最北の地ということになりましょう。
最北端にあるのは、久葉山といってクバの木で覆われた山です。
久葉山

この頂上に灯台があってここまで車で登ることができます。
クバはまたの名をビロウジュといって、笠や団扇などに使用されている、ちょっと変わった葉っぱを持つ木です。
久葉の木

一面この久葉の木で覆われているのですから、なんとも不思議な光景です。
頂上の灯台付近には、ちょっとした駐車スペースがあって、Uターンできました。

それにしても人と出会わないので、
不思議な感じですね。
本当に神が現れそうな感覚になる、ある意味とっても神聖な領域とも言える、
伊平屋島の最北部でした。


ランキングに参加してます。よろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/599-97491745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。