幻のラー油 ペンギン食堂のラー油

ここでは、「幻のラー油 ペンギン食堂のラー油」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに手に入れることができました。
とてもラッキーです。なので、紹介してみます。
ということで、何と石垣島の幻のラー油と言われて有名になっている、
ペンギン食堂石垣島ラー油」についてです。

最近ひょんなことから、出張で石垣島に日帰りで行くことになり、
本当は予約が必要であったにもかかわらず、
運よく在庫があるとのことで、手に入れることができました。
以下の写真のラー油です。
ra-yu ishigaki

ペンギン食堂のホームページを見ると、この石垣島ラー油を手に入れるためには、
予約がおすすめであると書かれております。
しかし、私は前日までバタバタしており、予約を失念してしまいました。
以前、2010年に石垣島を訪れた際には購入することができなかったので、
今回は何としても、購入したいとは思ったのですが、あまりに急に石垣島行きが決定し、
しかも日帰りとなったので、ほぼ購入するのは不可能であろうと考えておりましたが、
当日、少ない時間の中、駄目もとで「ギャラリー雑貨&カフェ 石垣ペンギン」に足を運んでみたところ、
何と手に入れることができたのでした。
あまりの嬉しさに飛び跳ねたくらいです(^・^)
売ってくれてありがとうございます。次回からは予約しますね。

帰宅後に早速食べてみました。
もう、このラー油さえあれば何も入らない。
これだけでおかずになるから十分である。というファンも多いこの石垣島ラー油
ご飯にかけて食べてみた感想は、
「ん、何か美味しい・・・」 その後から程よい辛さが残り、さらにご飯をかきこみたくなるという感じでしょうか。
唐辛子、ニンニク、黒豆、山椒、黒糖、ウコンなどなど、様々な具材を使って製造されたこのラー油は、
これらの具材の香ばしさも残っていて、さらに旨味成分が増している気もしました。
ご飯以外にもかけるものを探したくなる。そんな旨さです。

なお、この容器から直接ご飯にかけていたのですが、
液ダレしてくるので、別の容器に入れ替えて、スプーンなどですくいながら使った方がいいです。
これだけの貴重なラー油を1滴すら無駄にしたくありませんからね。
液ダレしたら勿体ないです。

私が、次に石垣島に行くならば、飛行機の予約を済ませたら、
次にこのラー油の予約をする。というのが定石となるでしょう。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/586-c19ab3e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。