沖縄黒糖の工場からさとうきびの原木

ここでは、「沖縄黒糖の工場からさとうきびの原木」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さとうきびの原木を初めて食べました。
食べたというか、かじって吸い取ったという方が適切かもしれませんね。
で、味の方は、これがまたほのかな甘さで、なんだかあっさりしています。
とても甘くてドロドロしているのではと思っていたのですが、
予想とは違いましたね。
皮をむいて、中の繊維状のものをチューチューしたり、ガリガリ噛んだりすると、
やや甘めの汁が出てくる感じです。
で、絞り糟になったらそれでおしまいです。
天然の砂糖の味は、これなんだなあ・・・と少しだけ感動しました。

このさとうきびの原木は沖縄黒糖の工場に見学に行ったらもらえたものです。
どこかで工場見学&さとうきび原木無料のチケットをもらえたので(たぶん道の駅おんな)、
それを使って行ってきました。

沖縄に住んでいると、こうした観光地に行く機会は少ないので、新鮮な感じです。
58号線を読谷村から恩納村に向かっていくと、左側にある大きな看板があるのが、
沖縄黒糖の工場になります。
地図はこちら⇒地図
沖縄黒糖


ここで、さとうきびから黒糖ができるまでの工程を説明してもらいました。
絞ってから、煮詰めて、型に入れてといった工程ですね。
私が行ったのは午後でしたが、すでに砂糖の生産は本日は終了したとのことでしたので、
実際の作業は見られなかったのですが、まあ何となくはわかりました。
試食させていただいた、100%さとうきび黒糖は、本当にしっかりとした甘さで美味しかったです。

観光バスのルートになっているようで、
バスが横付けされ、大勢の観光客が見学に訪れておりましたので、
観光コースに入っているのでしょうね。
黒糖に興味のある方は是非どうぞ!

関連記事

関連タグ : 沖縄黒糖, 黒糖, さとうきび, ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/578-a40a7e09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。