比地大滝へミニトレッキング

ここでは、「比地大滝へミニトレッキング」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回は比地大滝までの道のりについて書きましたが、
今回はいよいよこの山の中へ分け入るミニトレッキングです。
沖縄に来てからというもの、めっきり歩く機会が減ってしまったので、
この厳しい山道を歩き通すことができるのか・・・少しの不安が頭をよぎります。

案内所で入山料の500円を払って中へ入ると、
まずキャンプ場が現れます。
トイレはここにしかありませんから、ここで済ましてから進むことをお勧めします。

歩き出すと最初はまだいいのですが、だんだんとアップダウンが激しくなってくるので、疲労度もUP!
しかし、歩く道は完全に整備されているので、迷うということはまったくありません。
快適な遊歩道といったノリで歩を進めていくことになります。

周囲は木々が多いため、太陽の光もうっすらと差し込んでおり、
直射日光を浴びるわけではない箇所が多いため、森林浴をしているようなものでしょうか。
そんな中を川にそって歩きます。
途中で幾人もの方と、声を掛け合いながらすれ違いました。
意外と外人さんが多いのにはびっくりしました。
おそらく、沖縄ではこういった場所が珍しいのでやって来るのでしょうか。

比地大滝3


中間地点であるつり橋までやって来ました。
ここで道程の約半分なのですが、まだ半分しか来てないの?といった感じです。もう疲れが・・・
そして、ここから先が厳しい道のりなんですねえ。
アップダウンがまたきついこと・・・
距離は総延長1.5キロ程しかないのですが、4キロくらいあるように感じます。

中間地点通過後は、ヘビとの遭遇(50cmくらいの至近距離)もあったりして余計な神経をすり減らし、
かなり疲労困憊してきた頃、沢の水音が大きくなってきました。
遊歩道が木に邪魔されるという区間もありました。以下の場所。
比地大滝2

そうした数々の難所を越えていくと、
ついに終点の比地大滝とご対面となりました。
比地大滝

落差約26mという沖縄で最大の滝は、意外とこじんまりとしていい風情を醸し出しているじゃないですか。
しばし、周囲の森林からの新鮮な空気を吸って、のんびりとします。
少し休んでいると、疲労もやや回復して癒しモードに入ってきましたよ。

帰りはまたもと来た道を戻ることになりますが、
この道を毎日往復したら相当足腰が鍛えられるだろうな・・・
なんて考えながら戻ってたら、行きよりも短く感じられました。不思議ですね。
聞いたところによると、昔はこんなに整備が行き届いていなくて、
途中にロープが張ってある区間もあったとのことですので、当時に比べたらましになったということでしょうか。
今は決して獣道ではありませんからね。

沖縄に居て山が恋しくなったら、ぜひとも訪れてみても良い場所ですね。
また別の面の沖縄を見た気がしました。





関連記事

関連タグ : 比地大滝, トレッキング, 癒し,

コメント
この記事へのコメント
おはようございます

比地大滝、良いカンジですね!

自分は小学校の頃に行ったことがありますが、あまり覚えていませんので、機会があったら行ってみようと思います!

2011/09/21(水) 09:46 | URL | mitsuzo #oscB57WQ[ 編集]
いつもコメントありがとうございます。
比地大滝はよい所ですので、リピートできたら最高ですね。
健康にもきっとよいことでしょう。


> おはようございます
>
> 比地大滝、良いカンジですね!
>
> 自分は小学校の頃に行ったことがありますが、あまり覚えていませんので、機会があったら行ってみようと思います!
2011/09/21(水) 10:25 | URL | Landmile #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/522-5920220e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。