比地大滝への道

ここでは、「比地大滝への道」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄県の国頭村にある比地大滝
ここは、またの名をパワースポットとか言われていますが、
沖縄県では珍しくちょっとしたハイキングというか、トレッキングのできる場所となっており、
山が恋しくなってきた人にはうってつけの場所なのでした。

比地大滝のある国頭村、すなわち北部方面へはひたすら国道58号線を北上していきます。
2011年4月には恩納バイパスが2車線で供用開始となっているので、
恩納村役場や万座毛あたりを迂回できるので、渋滞は幾分か緩和されたのではないでしょうか。
そんな新しいバイパスを通り名護市に入り、もっと進んでいくとやがて大宜味村に入ります。
国頭村はそこからまだまだ先です。
とにかく国道58号線もこのあたりまで来ると、雰囲気も全く変わって、のどかな感じになってきます。
海の色もだんだん綺麗になってきた感じがします。

そうこうするうちにようやく国頭村に入り、目的地の比地大滝が近づいて来ました。
比地大滝はややマニアックなため、わかりにくいところを右折しなければなりません。
道の駅ゆいゆい国頭の手前にある信号のある交差点を右折します。
JALプライベートリゾートオクマへ曲がる交差点を過ぎたあたりになります。
地図はこちら⇒地図

そこさえ曲がれれば、跡は標識に従ってもう1回右折するのみです。
突き当たりが管理棟になっていて、ここが比地大滝トレッキングの入り口になります。
那覇あたりからだと、ここまで来るのがとても大変です。かなりのロングドライブです。
きっと走り慣れない道のせいもあって、遠く感じることでしょうから、
休みながらゆっくりと行きましょう。決して慌ててはいけませんよ。

さて管理棟の目の前にも駐車スペースはありますが、
そこが満車なら少し手前にある第2かさらに手前の第3あたりに停めて歩くことになります。
管理棟前の駐車スペースは、一見満車に見えても、駐車場中央付近にも斜めに停めるスペースがあります。
よく路面を見ると薄くペイントされた跡が・・・
他の車の邪魔にならないように気をつけて駐車しましょう。

比地大滝4

上の写真が滝への入り口です。
ここから先は歩いて1.5キロ先の滝を目指すことになります。
道中は結構きつい道のりとなりますが、
その様子は次回のレポートにします。

つづく
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/521-7edcff2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。