小出裕章先生の講演会

ここでは、「小出裕章先生の講演会」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年8月13日

京都大学原子炉実験所助教の小出裕章先生が、なんと沖縄に講演にやって来てくれました。
東日本大震災後の福島原発の事故の後、
関西のラジオ局に月曜から木曜まで出演してくれて、
原子力についてのいろいろなお話を聞かせてくれる先生ですので、この先生が沖縄に講演に来ると知った時には、必ず聞きに行こうと思いました。
場所は西原町の中央公民館でした。

始まる時間になってみると、資料は足りない、椅子も不足というかなりの大盛況な状態です。
こちらに避難されてきている方や、地元の方などなど、
かなりの方が来られており、みなさん原子力に興味を持ち、不安を感じているというのが伝わってきました。

講演会の内容としては、
沖縄国際大学に米軍ヘリが墜落してちょうど7年になるのと、
墜落したヘリには何とストロンチウム90という放射性物質が回転翼の付け根の部分に微量ながら積まれていたという事実に始まり、
DNAの構造についてや、JCOの臨界事故、原発は都会に作らないという政府の指針、などなど。
どれもなかなか、一般の報道では知りえない事実についての説明でした。

原発はひとたび事故を起こし、放射能を撒き散らすという事態になると、
今現時点でもそうなのですが、
被爆による健康被害か、避難による生活の崩壊のどちらかを選ばなければならないということになってしまう。
これは非常に残酷なことであり、何とも言いようが無いと小出先生はおっしゃていました。

今現在、このような事態になってしまったことは、誠に残念なことです。
いったい我々は、今後どうしたらいいのだろうか・・・?と先生の話を聞いて途方に暮れてしまいました。
特に子どもに関しては、放射能からできる限り守るという考え方は大切というか絶対しなくてはならないのでしょう。

沖縄には原発はありませんが、台湾にはあります。
昔沖縄にも原発をという話もあったようですが、没になった経緯があるようですね。
日本の電力会社の中で唯一原子力発電所をもたない沖縄電力の管轄にある沖縄県は、
どんな行動が取れるのでしょうか。
何かしらのメッセージを沖縄から発信できたらなあと、思いました。

関連記事

関連タグ : 小出裕章, 京大, 原発, 講演会,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/513-238aa41f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。