Gala青い海のさんご畑

ここでは、「Gala青い海のさんご畑」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gala青い海という施設が、読谷村にあります。
とても綺麗な海の目の前というロケーションです。
場所は、ホテル日航アリビラから程近いところです。

ここには、塩作りの体験や、グラスアート、陶芸工房などがありそれぞれ体験することができるようです。
ただ、塩作り体験は結構本格的かもしれませんね。
何といっても、海水濃縮施設なるものがあり、いつも何かがグルグル回っている建物があったり、
塩の博物館みたいな感じで、世界のいろんな塩が展示されていたりと、
とにかく力が入っているように感じるのです。

それに“塩アイスクリーム”が美味しいのですよ。
ここでしか味わうことのできないアイスクリーム?かもしれませんよ。
立ち寄った際にはぜひ、お試しください。

さて、本題ですが、
このGala青い海に、付随してというか、道を挟んで海よりに下ったところにあるのが、
最近できた、「さんごの畑」です。
ここで、さんご礁を養殖して、海に移植するといった、
言わば珊瑚保護活動をやっている、すばらしい施設なのです。
今のエコの時代にピッタリだと思いませんか?

チケットは、Gala青い海の総合案内カウンターで購入することになっているようです。
因みにこの施設の代表の金城浩二さんは、映画「てぃだかんかん」のモデルになった方なのです。
地道な活動をここまで持ってくるのには、想像以上の苦労があったことでしょう。

中では、サンゴを実際に養殖している様子を見せてくれます。
海の中にあるサンゴを、陸上で間近に見れるなんて、何だかわくわくしませんか。
これから、もっともっと珊瑚礁が沖縄の島に復活してくることを祈って・・・

さんご


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/359-9f0186cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。