沖縄の塩せんべい

ここでは、「沖縄の塩せんべい」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩せんべい


塩せんべいです。
これも沖縄土産のひとつとなることでしょう。

せんべいというと、煎餅と書いて字のごとく、
“もち”すなわちお米が原料のせんべいを思いがちですが、
この沖縄のの塩せんべいは少し違うのです。
まず、原料は小麦粉であるということが最大の違いでしょう。

小麦粉が原料のせんべいなんて・・・と思いがちですが、
侮ってはいけませんよ。
食べてみると、お酒のつまみにしても申し分ないくらいの味わいなのですから。

買ってきた塩せんべいを開封して食べてみると、
まず思った以上に表面が硬いのです。
それでもガリッと噛み切り、口の中へ・・・するとどうでしょう、さっきまで表面が硬いと思っていたのが、
口の中では案外簡単に軟らかくなるのでした。
これに塩味が効いているので、思わす次から次へと食べてしまいますね。

今回試食したのは、丸吉せんべい屋という会社が製造販売しているものです。
丸吉せんべい屋は、「天使のはね」というお菓子も出しています。
天使のはねについては、次回に書きますね。
沖縄の塩せんべいは、他の会社も製造しているので、何社か食べ比べも良いかもしれませんよ。

丸吉せんべいの塩せんべいのパッケージを見ていると、
マーガリンを塗って温めても美味しいとあるので、早速試してみました。
結果としては、塩味が消えてマーガリンの味になるのですが、相当な量を塗らないと、
塩せんべいの味に、マーガリンが勝てないといった印象です。
マーガリンにより、風味は変わりますが、やはり塩せんべいはそのまま、楽しんだ方が美味しいと思ってしまいました。
私の個人の好みの問題ですので、参考までにどうぞ。

内地にいても食べられます↓



関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/311-c354b8ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。