伊計島へ

ここでは、「伊計島へ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊計島

伊計島には、少し前に行きました。
島と言っても、橋で結ばれていますので、車でそのまま行くことができます。
途中には海中道路といって、海を埋め立てて橋のようにした、左右に海が見えるという非常に珍しい道路があります。
地図でしめしましょう。⇒地図

勝連城跡のあたりから、海中道路という、その名の通り海の中を走る道路が延びており、
その海中道路を経て、平安座島、宮城島と経て、伊計島に至ります。
地図で見ると、すぐに行けそうですが、走ってみると意外と距離がある感じがしますね。

写真は、こうして辿り着いた伊計島にある、
「ビックタイムリゾート伊計島」の概観です。
ここの敷地はかなり大きくて、プールも併設、ビーチもあったりします。
水戸屋敷なる、宴会場もあるようです。

しかし周囲にはほとんど何もない状態ですので、もうここに着いたらのんびりするしかない、都会の喧騒を忘れるしかないと、割り切って諦めることが必要と思われます。
これを命の洗濯と私は言っていますが、あまりの暇に耐えられないという人には、お勧めできないホテルということになりましょう。
じっくりと余暇を、誰にも邪魔されずに過ごすには、よい場所です。

伊計島自体はとても小さな島です。
隣の宮城島から橋を渡って入ってくると、すぐに伊計ビーチがありますが、たぶん有料のビーチ。
そのまま進むと、集落がありここが伊計島の中心となります。
共同売店なんかもあります。
そこを通過してしまうと後は畑のみとなり、島の一番先端に、「ビックタイムリゾート伊計島」が位置していることになります。

海はとてもきれいですが、沖縄本島の東海岸になることから、サンセットは見れません。
そのかわり朝日はとても綺麗ではないでしょうか。
朝日がしっかり見れる。
これが東海岸に数少ないホテルの特徴の一つかもしれませんね。
このあたりが、もしかしたら西海岸にホテルの多い理由なのではと、思ったりしますが真偽のほどはわかりません。



関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://landmile.blog26.fc2.com/tb.php/271-254af213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。