沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本部町町営市場の近くにある、
新垣ぜんざい屋」に立ち寄りました。
新垣ぜんざい2

この日は、暑い日で、カキ氷が旨そうだということで、
たまたま町営市場の近くにあった、「新垣ぜんざい屋」へ
駆け込んだという次第です。

店内はいたってシンプル。
よくある食券の自販機にコイン投入して、チケットを購入。
それをお店の人に渡します。
この食券自販機は、ぜんざいしかありません。
しかも、ぜんざい1人前から20人前くらいまであります。
全部のボタンがぜんざいで、個数が一つずつあがっていくのでした。

よって、メニューはぜんざいしかありません。

出てきた「ぜんざい」を見ると、
カキ氷の氷しかないようにも見えますが、
そのカキ氷の下には、しっかりと煮豆が入っているのです。
この甘く煮付けられた煮豆と、カキ氷の味がまたシンプルでよいのでした。
新垣ぜんざい

夏場は、このあたりは混雑するのでしょうね。
ただし、この付近は駐車場が少ないので、
お越しの際はお気をつけください。

ランキング参加中↓
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ


スポンサーサイト

関連タグ : ぜんざい, 新垣ぜんざい屋, 本部町, 町営市場, 駐車場, 煮豆,

癒がふ家ランチに行きました。
場所は那覇の新都心。
周囲は、背の高いマンションなどが立ち並ぶ一角に、
沖縄の古民家を模した建物があります。
そこが「癒がふ家」です。
癒がふ家2

一歩中に入ると、
古民家であって、そうでないような、
不思議と癒される空間が広がっていました。

到着したのが遅かったので、
ランチは1人分しかありませんでしたが、
ソイミートの油淋鶏(ユーリンチー)を注文。
癒がふ家

ソイミートは、前に食べたことがあり、
味は分かっていたのですが、
やはり期待通りでした。
ソイミートって言わなければ、本当にこれはお肉と間違うのではないでしょうか。

癒がふ家では、玄米菜食カフェというだけあって、
食べていて本当に身体によいなと感じる食材が多用されています。
ソイミートもさることながら、一つ一つの素材まで、
身体に染み入るという感じでしたね。

同じ建物内では、エステなども行われているようで、
ランチとセットになったメニューも用意されているようでした。
美容と健康に、ダブルで効果がありそうですね。

バランスの問題もありますが、
菜食ってのも捨て難いなと感じました。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ


関連タグ : カフェ, ランチ, 癒がふ家, 菜食, 玄米, エステ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。