沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月も終わりですね。
いよいよ年末モードになってきました。アセンションが近いのか?
などと考えつつ、沖縄での気づきへの続きを書きます。


いよいよ、気づきに近づいていくのですが、
気づいたり、目覚めたりすることって、意識しているとできないんですね。
その状態になりたい、なりたいとばかり考えていると、逆の方向に行ったりして、
そのなりたいという状況を作り出して持続させてしまうのですね。
これは、人生の不思議の一つでもあるし、
または別の側面からは、その状況を引き寄せているとも言えるのです。
引き寄せの法則です。

ヨガを通じて、自分はいろんなことを学んで、少しずつ気づきに近づいていったのですが、
ヨガ教室で出会った人達が本当に素晴らしい人達でしたので、
そんな中で救われた感じがしたものです。

空手道場で行われるそのヨガ教室は、
生徒さんはすごく多いので、もし全員がいっぺんに来てしまったら、
全員が入ることはできないのではないかなと思うのですが、
何故か、誰かが休んだりして、うまい具合の定員になってちゃんと収まるんですね。
なんとも不思議な空気が流れる、不思議な空間なんですね。
ここは、外国にいるのではないか?と錯覚したりもしますから。

そこで出会ったある1人の方が、私にいろいろ教えてくれて、
気づきに導いてくれました。
今では私のメンターとなっている方なんですが、
この方がいろいろヒントを私に与えてくれて、
私はそこから考えていく力を養い、自分の感覚として気づきに至ったのではないかと、
今になって思うわけです。
理屈では理解できても、実際に体感してみないことには何ともわからないというのが、
この気づきの感覚なのです。

で、何に気づいたのかと言いますと、

・今この瞬間をまず大切に生きるということの本当の意味での大切さ。
・過去も未来もない
・全てのことは必然
・すべての存在は一体であるということ
・すべては自分の想像の世界であるということ

などなど、数え上げていくと、けっこうあります。
ただ、言っていることは一つであり、同じなんです。

やはり前述のように、こうした感覚は自分で体感しないと、理屈ではわからないのです。
しかしながら、一度体験したら、もうそれでOKなんですね。

いきなり話が、ヨガからここに飛んでいってしまいましたが、
これこそが気づきでした。
私は、これを得ることができたので、そこから人生を生きるのが楽になったのです。
これを本当に理解した時に、やはり沖縄に移住してきて正解だったと、本当に思いましたね。

詳しくはまた次回に書いてみます。



ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ


スポンサーサイト

関連タグ : 気づき, 瞬間, ヨガ, 移住, 体験, 一体,

沖縄市泡瀬にある、以前から気になっていたカフェというか、珈琲焙煎専門店でもある、
香豆」に行ってきました。
やはり、カフェというよりも、自家焙煎したコーヒー豆の販売がメインのようです。

店内に入るやいなや、
「コーヒーしかないけれどいいですか」と店主に聞かれました。
もちろんコーヒーを飲みたくて来たので、返事は即「はい、お願いします」となりました。
シンプルでいいですね。

メニューをもらい、その中から
マンデリンロースト(深煎り)というのがあったので、それにしました。
自分は深煎りコーヒーの、あのガツンと来るあの味が大好きなのです。

良い香りが漂う中、待つことしばらくすると、やってきました。
砂糖とミルクもお願いしましたが、
最初はそのままブラックの状態で一口飲んでみました。
やはり、これは基本ですよねえ。とか思いながら。

ウーン、ガツンとコーヒーの味はするのですが、後味は意外とすっきり、
それでいて苦味は少なく、酸味はあまりないという、深煎りにしてはあっさりとしていて、飲みやすいです。
さらに、砂糖とミルクを入れてみると、飲みやすさが増していきます。
本当は、ブラックで飲み干すのが王道なんでしょうけれど・・・

となかなかのお味のコーヒーでしたよ。

生豆なども販売されてましたので、
店主に相談の上、自分の好みに合わせた一品を見つけられそうです。
今日は、コーヒー1杯で帰りました。

香豆


次回は豆を購入してみよう。
うちで焙煎してみるのも面白いけれど、やはり最初は焙煎済みの豆を買うのだろう・・・
などと考えつつ帰りました。



ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ




関連タグ : 香豆, カフェ, 焙煎, 深煎り, 泡瀬,

ヨガから気づかされたもの。

悶々としたというか、まったく変わりのない生活を送っていき、
沖縄移住とは何だったんだろうか?
本当に自分の人生はこれでいいのか?
という問いを日々自分に問いかける毎日が続いていましたが、
そんな毎日にある変化を起こしてくれたのがヨガでした。

ヨガ教室に家族に連れられていきました。
それも半ば強引に・・・
これが人生を変化させるきっかけになるとは思いもよらず。
最初は、ヨガなんて・・・
と思っていましたが、あまりにも強引に家族が勧めるものですから、
じゃあ、行ってみようということになりました。

ただし、ヨガとは何か精神的なものを鍛えるためのものであり、
身体を柔らかくするためということだけではなく、
あくまで精神的鍛錬という視点で行こうと心に決めました。
きっとスピリチュアル的な何かが、そこにはあるはずで、
きっと今の何か物足りなく感じている生活に終止符を打つことができるかもしれない。
と、そんな風に考えて、ヨガ教室に参加しました。

ヨガ初日は雨の中、初参加でした。
やさしい先生や、他の生徒さんたちが、とても暖かく迎えてくれたのを覚えています。
この教室は、外人さんも多く参加していて、
日本にいるような感覚がしないというのも、
海外好きな私にとっては、何だか面白い空間だな・・・というのが最初の印象でしたね。

最初は、ヨガのいろいろなポーズを覚えましたが、
慣れるまでは結構きついんですよね。
しかし、そのポーズを取っている時には、
ある意味そこに集中して無心になれるということにも、
少しずつ気がついてきて、やはりヨガというのは、こうゆうものなのか・・・
という、わかったかわからないような思いを持つようになりました。

しかし、まだ気づきには遠いです。
この教室に通うようになって、また1人メンターが現れて、
私を目覚める方向に持っていってくれたので、そのお方の支援がなかったら、
きっとまだ、違う世界でさ迷っていたんだろうなあ・・・
と、そんな風に思うわけです。

ヨガは、呼吸が大切と思います。
ポーズを取っている時に、自分は呼吸に集中しています。
はっきり言って、体はとても固いので、ポーズは美しくはないでしょう。
しかし、そんなことはどうでもよくて、肝心なのは自分の内面のことなんだということに、
ようやく気がつきました。

と、ヨガの効用についてのお話でした。
ただ、気づきまではもう少しかかります。


ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ


関連タグ : ヨガ, 効用, 気づき, 呼吸,

沖縄に移住してある意味夢を実現してしまったのですが、
それは、また夢とは反対方向へ進んでいくという事態になったのでした。

適応障害に自分がなるとは・・・
そして休職して、退職して、失業給付をもらいながら、
仕事もせずにブラブラと半年。
この半年間は本当に、いろんなことを考えましたね。
今となっては、考える必要などないのですが、当時はどうしてもそういう思考回路になってしまうんです。

ただ、当時と今とで、明らかに違っているのは、物事を見る視点が変わったということです。
例えば、円錐を下から見ると円ですよね。
上から見たら、真ん中に点がある円かもしれません。
また横から見たら、三角にみえるかもしれません。

このように、見方によってずいぶん変わってくるものなんですが、
当時はそんな考え方はなくて、ただ、円なら円を見るだけ・・・
その視点では、いろいろなことは見えてこないですよねえ。
いまでこそ、こうした文章を書き、多面的に見ることができるようになって、
だいぶ落ち着いてきたんですが、ここまで来るのは大変なような、そうでもないような・・・
気づきの類は、そう思っていてもなかなか気づかないんです。
ふとした時、「ああ、これか!」となるんです。

さて、話を戻すと、
失業給付が切れると、今度は生活に困窮してくるので、
仕方なく仕事を始めたものの、
当時は、自分のことが大嫌いですから、ちっとも面白くないわけです。
周りの目ばかりを気にして、自分の生活を決めていくという態度で、生活していきます。
その態度は、逆に自分をどんどん苦しみの方向へ持っていくことになりました。
これはでは本当に幸せを得ることなどできないばかりか、
人に幸せを与えることなど、到底できるわけがありません。

この生活態度が、実は悪循環を生みだしているんですが、
これに気づくわけでもなく、気がつくどころか、全く違う方向へ行くことになります。
こともあろうに、夜勤の仕事に転職したのでした。
家族には「夜勤なんて・・・」と反対されながら・・・
そこで、2年間夜勤のシフトをこなし、
結局身体を壊して退職という、意図とは違うことをすることになるわけです。
病名としては、胃潰瘍が治らないということであったのですが、
そこまで、ストレスを抱えていたわけではないんで、
夜勤という昼夜逆転させて生活するということが、いかに身体に影響を及ぼすのかを、
学んだわけなんですね。

もちろん、夜勤が全然平気な人もいます。
自分は合わなかったですけれど・・・・

と、めちゃくちゃな生活を続け、気づきなどとは程遠い位置にいたのかもしれませんが、
本当は、こうした道は必要であって、起きてくる事に無駄は一つもないんだな・・・
と思わせる出来事が、この夜勤にの勤務期間中に起きてくるのでした。

まず、自分がヨガを始めたということが一つ。
それと人生を大きく変える出会いがいくつかあったということです。




ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ






関連タグ : 適応障害, 気づき, 夜勤, 胃潰瘍, 生活,

さて、前々回沖縄にて適応障害の続きとなります。

沖縄に来て移住した後に適応障害になったなんて、本当に面白い話と思いませんか。
だって、東京の生活が嫌になってというか、
気分よく、のんびりとしたスローライフみたいなものを想像して沖縄にやって来て、
生活を始めたというのに、この有様ですからね・・・
困ったものです。

この時は、本当に自分はどうしようもない奴という風になり、
自分のことが心から嫌いでした。
こんな自分を人に見せられない。恥ずかしい・・・ああどうしよう・・・
全てが負の方向でした。

こういう考え方も今となっては、意識の違いであり、
マインドの世界に入ったこと、いわばエゴの仕業によるもの、あるいは分離の世界で生きていたみたいな、
本当の自分の姿ではないという風に俯瞰できるわけですが、
当時はそんなことを知る由もなかったのです。
そもそも、そんな知識などなかったのです。

さて、結局移住後に勤めた会社は辞めることになってしまいましたが、
その後からが長かったです。
仕事もせずに、失業給付をもらいながら毎日を過ごしていました。

当時は、自分はとにかく働かないで済む方法を探すことに集中しており、
経済の仕組みを勉強しなおして、
為替などで生活費を稼いでやろうと、密かな思いを胸に抱いておりました。
よく言えば、これで大儲けして財産を築き、それ以降は、もう何もしない生活をしてやろう・・・・
などととんでもない考え方を持っていたのでした。

これも今思えば、気づきを得るために必要な事柄だったのかもしれませんね。
為替などで儲けようというのは、一見楽しそうにも見えますが、
人には向き不向きがあるということを、私は失念していたようですね。
結果、儲けも出ず、わずかな損害を出して、この為替の計画からは手を引くことになるのでした。

お金に対する欲望が強すぎて、
逆にお金を失うということの恐怖感がどんどん大きくなっていき、
ポジションを保持している時などは、もう心ここにあらずということで、
逆に精神的に参る日々というものを体験しました。
為替で儲けている人は、本当にすごいと思いました。

しかし、まだまだ本当のことに気づくまでには、時間が掛かかるのです。
ここからも、まだ話は続いていくのです。
真理とはいったい何か?
続きはまた次回ですね。



ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ





関連タグ : 気づき, , 為替, 沖縄移住, 適応障害,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。