FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
格安航空会社(LCC)の2社
ジェットスター・ジャパンとエアアアジア・ジャパンが本格的に那覇空港に就航していますが、
今現在(9月26日)では、那覇成田間のみとなっています。
今のところ、沖縄からは東京にしかLCCで行くことができない状態になっているのですが、
ついに大阪にも行くことができることになります。

10月18日よりPeach(ピーチ)が、
10月29日よりジェットスターが、
那覇関西に就航することが決定しております。
これによって、東京に加え大阪にもお気軽に行けるという状況になりますね。
また内地の人も沖縄に以前よりは、お気軽に来ることができるということになります。
これはすごいことですよ。
まさに今年はLCC元年と言われる所以であります。

気になる値段ですが、LCCの値段設定は明らかに大手の航空会社よりは安くなっているんですが、
これをいつ買うのかというのが、とても悩ましいことになるのです。
例えば、キャンペーンやセールといったものが行われると、
那覇関西は2290円(ジェットスターのセール運賃)という設定もありました。
気をつけたいのは、2290円でも、最終的に支払う金額はもう少し上がるということです。
2290円は言ってみれば手ぶらで搭乗する人の運賃。
しかし、購入画面に進んでいくと、発券手数料などがかかり最終的には2490円となるのです。
さらに荷物を預け入れしたり、機内食を頼んだり、座席を指定したりすると、
どんどん料金は上がっていくことになります。
それにしても大手航空会社の運賃よりは安いということになると思われますが。

こうして、追加料金を取ることで収益を上げるのがLCCの手法ですので、
購入時には思わぬ追加料金がかかることもあり、注意が必要です。
最初に出てくる運賃は何も追加しない場合の運賃であることを覚えておく必要があります。
それでも発券手数料だけは追加で徴収されるんですが・・・

関西LCC就航から話が逸れてしまいましたが、
これから格安で沖縄と内地が行き来できる時代が到来することになるでしょう。
それによって、観光産業にどんな影響が出るのかはわかりませんが、
この癒しの島である沖縄に気軽に来れるというのは、
内地の人にとってとても意味のあることになるような気がします。
今後のLCCの動向には期待してもいいのではないでしょうか。

LCCのチケットはいったいいつ買うのが一番安いのかといった疑問も残るでしょうが、
一概にいつと断定できないのが悩ましいところです。
早めの購入が間違いはなさそうですが、それも正解ではないのです。
そのあたりのことも、いつかレポートしてみたいと考えています。



ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ

関連タグ : LCC, 那覇, 成田, 関西, ピーチ, ジェットスター・ジャパン, エアアジアジャパン,

倉敷ダムは沖縄県のダムです。
ダム湖を中心として、周辺に展望台やら資料館やら公園といった施設を備えていて、
遊びに来たなら、ピクニック気分になれるという、まあ公園という捉え方になるのでしょう。

倉敷ダム3


場所は少しわかりにくくて、
沖縄北インターチェンジの北北西方向ということにしておきます。
道もわかりにくい部分が多々あり、私も道に迷いながら行きました。
レンタカーならばナビで誘導されると思われますが、
ナビなしの場合はよく地図を確認してから出発しましょう。
地図はこちらです→地図

倉敷ダム

さて、迷いながらも到着した倉敷ダムですが、
この施設は予想以上に充実しているようです。
まず無料の資料館があって、ここでについて学ぶことができます。
実験装置も数々設置されていて、お子様連れにはよいかもしれません。
自分でクイズを解いていく、テレビ型の展示もありました。なかなか勉強になります。


次は展望タワーです。
高さは41メートルで、エレベーターで昇ることができます。
少し時間のかかるエレベーターで一瞬大丈夫かな?と不安になるのですが、
ここからの眺めはまた一風変わっていますね。
本当に視程が良ければ、瀬底島の橋が見えるとパネルに説明がありましたが、
本日はそこまでの快晴ではなくて見えず・・・
しかし瀬底島というと本部町ですから、ここからとなるとかなり距離はあるので、肉眼で確認できたらかなりラッキーですね。
嘉手納基地も一望できます。
今日は飛行機の発着はあまりないようで、戦闘機の姿は1回くらいしか見かけませんでした。

こうして見ると、この展望タワーは不思議な形してますね。
倉敷ダム2

これら施設の他にも、広大な敷地のため、子どもたちが走り回れる公園が整備されているので、
家族で来ても1日楽しめるのではないでしょうか。
観光の場合は展望タワーに昇って眺めを楽しむくらいしかないのですが、
資料館も展望台もお金が掛からない。全て無料というところがよいところです。
1日に居るとしたらお弁当持参した方がよいですね。

沖縄で行く観光地が無くなったら、こんな倉敷ダムもマニアックな観光地に入れてみると、
また違った沖縄が見られるのかもしれません。


ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ



関連タグ : 倉敷ダム, 資料館, 展望タワー, , ダム, ピクニック, 公園,

北部の本部半島の先端には、“美ら海水族館”という、
沖縄ではかなり有名な観光名所となっている水族館(通称:ちゅらうみ)があるのですが、
そこに訪れた際にぜひとも一緒に訪れて欲しいのが、
この「備瀬のフクギ並木」です。
ガイドブックには載っていると思われますが、美ら海水族館ばかりに目が行きがちで、
通過してしまうことの多い場所です。

場所は、美ら海水族館のすぐ近くです。車で5分くらいで着きます。
本部大橋の方から来たなら、美ら海水族館を越えて少し先に進んでいくと標識が見えてきますので、
そこを左折してやや細い道を入っていきます。
エメラルドビーチの入口のところで、駐車場もあってシーズン中は賑やかです。
この駐車場のあたりから、水牛車に乗ってフクギ並木を廻ることもできるようです。
さらに、この細めの道をずんずん進んでいくと、
両側にフクギ並木道があるというのが、はっきりとわかることでしょう。

実際に自分の足で、この付近を散歩をしてみるとするとそこはもう別世界です。
車が1台やっと通れるような生活道路の両側には、
背の高いフクギが並んでいて、昼間でも太陽の強烈な光線を遮ってくれます。
日に焼ける心配をしなくても散歩が楽しめるということになります。
また、周囲はとても静かです。
この日は風がなかったのか、フクギが防風林の役目を果たしているのか、
どちらだかはわかりませんが、風の音は聞こえないにもかかわらず、
どこか涼しげな風が通り抜けていくような、静寂に包まれた世界は何とも言えず。
ここを散歩しているだけで、癒されてきます。

備瀬フクギ


以前に言った伊是名島にもフクギ並木があり、同じような静寂の雰囲気に包まれていましたが、
ここは伊是名にあった石垣がないので、また違った光景を生み出しているのでした。
備瀬のフクギ並木は、観光地化されているので、
一応「順路」という看板が設置されていて、その通りに散歩すればコースに乗れるということらしいです。
うちらは、順路は無視して気の向くまま、興味の対象があればそちらへと自在に動き回っていましたが・・・

沖縄の原風景とも言える、フクギ並木は見ておいても損はないでしょう。
また、フクギ並木内は、普通に地元の人の生活の場となっていますので、
散歩の際は節度ある行動をしましょうね。
本当に普通の生活の場となっていますので、その点を留意願います。


ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ

関連タグ : 美ら海水族館, 備瀬のフクギ並木, フクギ, 並木, ,

2012年9月30日

9月29日に台風が沖縄本島を直撃。
本島をなめるように縦断していった台風17号は、かなりの被害を残して去っていきました。
これを書いている9月30日22:15現在は、本州に上陸しているようですが、
被害が少ないことを祈っております。

今年は台風の当たり年で、15号、16号、そして今回の17号と2週間おきにやって来て、
それも必ず週末に限ってやって来ていました。
15号は史上最強、16号は沖縄史上最強とかなり脅かされて、
備えは万全であったのですが、私の住む中部エリアにおいては、
「えっ!こんなもんなの?」というくらいな台風であったのです。
もちろん私の感覚ですから、いやいや被害あったよーという人もいるかもしれませんが。

というわけで、今回の台風17号は少々油断してしまった感もあったせいか、
最近やって来た台風の中でも、最も激しい台風となってしまいました。
明け方から風が強まり雨も強まりましたが、まだ大丈夫かなあという感じではありました。
お昼ごろ台風の目に入ったのか、急に雨風が弱まりました。
「ん、もう終わりなわけないよね?」
その後が物凄いことになりました。

木は倒れるし、枝もそれも太い枝が折れて、どこからともなく飛んできては、
家の前の空き地にどすんと着地するし、
しまいには家の前の斜面が崩れてきました。
斜面に植わっていた木が根こそぎ倒れて、斜面ごと地すべりを起こした感じでしょうか。
さすがに身の危険を感じながらも、どうすることもできない状態でした。
自然の恐ろしさを肌で感じる一瞬ですね。

その後我々のエリアは停電になりました。
それも長い間・・・翌日の昼過ぎまでは街の明かりは消えました。

しかもよりによって、この台風直撃の日は友人の結婚式の日だったのです。
披露宴は那覇でやることになっていましたが、
この台風でも決行されるというではないですか・・・
昼の状況だとどうなることかと思いきや、夕方にはどうにか風も収まってくれて、
那覇まで行くことができました。
新郎新婦の日頃の行いがよいのでしょうね。きっと。おめでとう!

しかし、この那覇までのドライブで台風の被害を知ることにもなりました。
至る所にいろんなものが落ちていました。
看板とかトタン板、車のバンパー、いろんなゴミ、木の枝・・・
それに曲がりまくる信号機(全然違う方向を向いていて用をなさない・・・)
帰りはわが中部の村は、全域に渡って停電
コンビニも24時間営業のはずのスーパーもすべて閉まっており周囲は真っ暗闇。
まるでゴーストタウンと化していました。車のライトだけが頼りです。
そこに垂れ下がる電線・・・真っ暗闇の上、かなり危険がいっぱいでした。

いやはや、かなりの被害の台風でしたね。
自然の恐ろしさを感じる台風でしたよ。
人間なんて本当にちっぽけなもんです。電気が止まっただけでもうお手上げなんですから・・・
今後の台風対策を、きっちり考えないといけないなあとも、逆に思い知らされた台風18号でした。
旅行で来ていた方々は本当にお気の毒さまですが、逆に滅多に味わえない体験だったのではないでしょうか。
しかし、だからといって台風のときは本当に危険ですから、怖いもの見たさに出かけるのは止めましょう。



ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ


関連タグ : 台風, 台風18号, 危険, 停電, 自然,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。