FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


いよいよ沖縄にもLCCが就航して、今後の沖縄への集客に期待が高まるところですが、
安くなればよいのかという議論もあるようで、なかなか一筋縄ではいかないようです。
沖縄に来るためには飛行機が主流というか、ほとんど飛行機しかない状態ですので、
やはり航空運賃の上下というのが、大きく鍵を握ることになるのでしょう。

現時点では、ジェットスター・ジャパンとエアアジア・ジャパンの2社が那覇ー成田に就航していますが、
お盆時期の搭乗率は上々だったようで、早くも人気を集めている模様です。
ただ就航先が、成田空港ということで、どこまで都心方面からの利用が見込めるかがポイントですが、
「東京シャトル」なる1000円(事前予約必要)で利用できるバスも運行を開始したことから追い風になっているのでしょうか。
成田空港から都心まではどう頑張っても1時間以上かかるのと、
成田に到着する時間が遅いと交通機関が終わっていて、最終目的地の終電に間に合わないといった事例や、
成田空港の運用時間が23時までという門限付きのため、飛行機自体が23時に間に合わないといったことも発生しました。
まだまだ課題の多いLCCですが、やはり価格の面では有利であることに変わりはないので、
今後様々なことが改善されてくれば、利用もしやすくなるのではないでしょうか。

那覇空港に就航するLCCとしては、10月18日にピーチが関西ー那覇線就航を決定したことで、
3社揃い踏みしたことになります。
ますます競争に拍車がかかることは間違いないでしょう。

那覇空港としてもLCC専用ターミナルを開設という記事を見かけました。
どうやら全日空が使用している貨物ターミナルの一部を改装して使うということですが、
10月18日のピーチの就航に合わせる形で供用開始となる模様です。
貨物ターミナルの一部を利用するなんて面白そうではないですか、きっと飛行機までも歩いていくという、
海外のLCC専用ターミナルによくある構造に建物になるんでしょうね。
搭乗する人しか入れないと思われますので、マニアの方は必見かもしれません。

まず、航空運賃の値下げは、沖縄の人も内地に行きやすくなるし、
もちろん沖縄に観光に来る人も気軽に来れる様になるという、双方の利点は大きいと思われますが、
その反面、沖縄の観光業界にどんな影響を与えるのかという不安もありますね。
飛行機の価格破壊につられて、ホテルなどの地元の観光産業に値段も下がっていき、
結局は地元は潤わないという事態も考えられます。
まだまだ余談を許さない状況ですが、LCCのもたらす経済効果には大きく期待し、
それが持続可能なものになることを切に願います。

沖縄の人々の持つ、人を受け入れもてなす心。
こういったものが前面に出てくる時代になってゆき、
それがいろいろなところに伝わっていくということになれば、沖縄に来て良かったと思ってくれるのでは・・・
などと、このお題目とはだいぶかけ離れてしまいましたので、
ここら辺で。


ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ

関連タグ : LCC, ジェットスタージャパン, エアアジアジャパン, ピーチ, LCC専用, ,

2012年8月11日

残波岬にある岬の駅憩いの広場で行われた“きとねいち”に行ってきました。
年3回行われるという、きとねいち
私も久しぶりに様子を見に行ってきました。
前回はたしか雨に当たってしまったようですが、本日は晴れ。ということで雨の心配はなく開催されました。
出店する方で飲食の方は、天候を見ながらの仕込みとなるので大変だなあと思いますが、
今回はそんな心配もなかったのではないでしょうか。

夕方19時少し前に残波岬に到着。
日が暮れるのもこの時間ですので、ちょうど夜の帳が下りてきたという時間帯です。
駐車場はかなり混雑していて、やっとこさ場所を見つけて駐車。
この車の台数からも、きとねいちの人気が伺えます。

さて早速出店エリアに入ってみます。
日が暮れてきて、直射日光の暑さもなくちょうど良い時間なので、各お店を見て歩くにはちょうど良いです。
出店されている各お店は、独自に電灯やロウソクなどを用意して工夫を凝らし、
販売する品物をどうにか照らし出し、これがまた良い雰囲気を醸し出しているのでした。
白熱灯やロウソクに照らし出された品物の数々。
うーん、実に良い感じですね。
こんな中で買い物するのも、また思い出になったりすることでしょう。

私は“珈琲屋台ひばりや”のアイスコーヒーを飲んだだけで満足してました。
やはりここのコーヒーは美味しいですよ。以前にもこのブログで紹介してますね。
手ぬぐい日和というイベントがあった時だったはず。
その時と同じ珈琲が、きとねいちで飲めるのですから、もうこれで満足なのです。

その後、会場内をウロウロし、
飲食屋台がたくさん出ている後ろに芝生があったで、ゴロンと寝転んでみました。
空を見上げ、だんだん目が慣れてくると、すでにとっぷりと日が暮れた夜空には星がたくさん出ていました。
まるでプラネタリウムのようで、思わず心を奪われました。
こんなに多くの星がある夜空を見るのは本当に久しぶりだったので、思わず見とれてしまいました。
何分ぐらい空を見上げていたでしょうか。
いくつかの流れ星も見えました。願い事を言うには早すぎる流れ星でしたが、
自然と人間の一体性を感じることができたような気がしました。
沖縄に住んで、こんなところで寝転んで、星を眺めるなんて、何て贅沢なことかと・・・

話が本題から逸れてしまいましたが、
きとねいち”の夜は更けていったのでした。
なかなか夜市というものは良いですね。
台湾で夜市に行ったことはありますが、この残波岬で行われる、このイベントはまた独特な居心地のよい雰囲気を作り出しているのかもしれませんね。
次回のきとねいちも楽しみしつつ帰路についたのでした。


ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ


関連タグ : きとねいち, 夜市, 残波岬, ひばり屋,

梅雨明け間もない頃、うちの姉夫婦が沖縄に遊びに来てくれました。
その時に泊まったのがホテル日航アリビラです。
場所は読谷村に位置していて、観光するにも便利な立地と思われるので、
トリップアドバイザーなどの口コミラランキングなどでは、常に上位にランクインしている人気ホテルのようです。
私は泊まっていませんが、ちょこっと部屋にお邪魔させてもらいました。
と、お部屋からの眺めはこんな感じ↓
アリビラ見学  アリビラ見学2



眼下にはアリビラのロゴの入ったプールが見えて、
梅雨明けした太陽光線の下、多くの人々がプールサイドで寝そべっていたり、
ゆったりとプールで泳いでいたりと・・・
真夏の沖縄のリゾートホテルのそのままといった光景が目に飛び込んできます。
プールの向こうには綺麗なブルーの色をした海が広がっていて、
その砂浜にも、たくさんのパラソルが並んでいるのでした。もちろんこの砂浜で泳ぐこともできます。
ずっと見ていても飽きない実に良い眺めですね。

この後は、ホテル内を散策。
1階にある開放感抜群のカフェでお茶をしてみたりしました。
ケーキセットを注文して、ゆったり目のソファに腰掛けつつ雑談。
アリビラ見学3

じつにゆったりとした時間が流れていくのですね。
ただ、ここに居て座っているだけでどんどん癒されていくという感じがします。
本当のリゾートとはこんな空気のことを言うのでしょうか。

もしホテル日航アリビラに宿泊したら、
ホテルから一歩も出ないで、ひたすら館内で過ごすというのもまた贅沢なのかもしれません。
ホテルライフを満喫という沖縄での過ごし方を味わうのも、
都会の日常生活からの脱却で非日常を感じるのも、
リゾートホテルならではのことなのかもしれませんよ。

今回は姉夫婦のおかげで、リゾートホテルの良さを改めて感じた次第です。
沖縄という島には癒しを求めて来て頂き、また癒されて戻って欲しいとも感じました。
こんな空気を感じて沖縄に移住してくれたり、また移住まではしなくでもリピートしてくれる人が増えたら、
それだけで嬉しい事と思いますね。

9月になりましたが、まだ夏全開の沖縄です。
どんどん癒されて帰っていただき、またその癒された気持ちが常に続くようになってくれたら、
沖縄の旅を紹介する甲斐があるというものです。
沖縄に癒されて、その癒された気持ちを持続させるように切に願います。




ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ



関連タグ : ホテル日航アリビラ, リゾートホテル, 癒し,

JICA沖縄国際センターに行ってきました。
何故行ってきたかは、ちょっとプライベートなお話になるので、
ここでは割愛させていただきますが、
ついでにJICA沖縄国際センターの内部も見学できたので、
ちょこっと、このブログに記録を残しておこうと考え、書き留めることにしました。

まずは、JICA沖縄国際センターは、浦添市にあります。
国道58号線からだと、屋富祖交差点から県道38号線に入り、
どんどん進んでいくと、やがて国道330号線と交差する大平インターに出ますが、
かまわずに真直ぐ進んでいきます。すると左側に浦添警察署が出てきますので、
その交差点を右折するとたどり着くということになっています。
なんだかわかりにくい場所ですので、地図をリンクしておきましょう。→地図

守衛所に一声掛けて中に入ります。
来客用の駐車スペースがあったので、そちらへ駐車。
平日の午後であったせいか、人はほとんど見当たりません。
静寂に包まれています。

JICA


用事を済ませた後はニライホールの2階にある図書資料室へ。
ここには、洋書も含めていろいろな国の情報が置いてあります。
JICAの出版物ももちろん全て置かれているので、行きたい国の詳しい情報が知りたい時や、
ある国について深く知識を身につけたいといった時には、利用価値大です。
今回は、あまり時間が取れなかったので、そこまでじっくりと資料を読めなかったので残念でしたが、
次回は1日使っても良いかもなあ・・・と海外好きな私は思ってしまいました。

図書室の前のホールのような所はJICAプラザとなっており、
いろいろな国の民族衣装がたくさん置かれていて、試着ができたり、
JICAがどのような活動を行っているのかパネル展示があったりしました。
が、この日は、閑散としておりました。

各国の民俗衣装がたくさんありました。↓
JICA2

なお、このJICA沖縄国際センターの最もおすすめは、
食堂で味わうことのできる各国の料理ですね。
来沖している各国の研修の方々に合わせた食事が、ここの食堂で味わうことができるのです。
もちろん外部の人の利用もOKです。
ホームページで日程を確認して、いろいろな国の料理を食べてみたいものですね。


ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ



関連タグ : JICA, 沖縄国際センター, 各国料理, , 展示,