FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


AKARAボクネンミュージアムに行きました。
どこにあるかというと、北谷町美浜です。
美浜にあるデポアイランド内で、屋根の形が特徴的な目立つ建物、それがAKARAです。
AKARAには、ボクネンミュージアムの他に、
カフェソイソイや、ハブボックスなどのお店も入居しております。
このデポアイランドは、敷地の中にベッセホテルカンパーナ沖縄というホテルもオープンして、
買い物客で賑わうエリアとなっております。

さて、ボクネンミュージアムの1階は、名嘉睦稔さんの版画やグッズ、
その他アートグッズが売られているショップがあります。
そして企画展も行われているスペースもあり、こちらは自由に見ることができます。
このショップだけでも見ていても楽しいので、ついつい時間も過ぎてしまいがちですが、
美術館となっている、2階に行ってみることにしましょう。

500円を受付で払って、すぐに脇にある階段を登りつめると、もうそこは静寂の別世界です。
名嘉睦稔さんのすごい作品の数々が展示されています。
版画にしては大きいなあと感じる、迫力のある作品の数々は、
その目の前に立つと圧巻され圧倒されるような迫力を感じ、
まるで版画の色の世界に吸い込まれていってしまいそうです。

名嘉睦稔さんの作品は版画なのですが、その版画の作製方法に特徴があります。
その方法とは、下絵をほとんど板に書かずに、だいたいのラインだけをさっと描いて、
そこから一気呵成に彫り進んでいくというものなのだそうです。
版画ですから当然印刷すると逆になるのですが、それも当然のごとく計算に入っていて、
その時点で色の配色までもう思い描かれているのだそうです。
この時点でほぼ頭の中では完成しているんでしょうね。
で、彫り終えると、早速黒インクで版を写してから、別途色をつけるのですが、
然るべきところに裏から色を入れるという技法を用いていて、美しい色合いを出しているのでした。
この色付けの手法もまた面白いですね。

いやはや手法にも驚きましたが、
作品も本当に迫力があるんですね。
とても気が入っていて、魂が乗り移っていると感じるような作品群は見ごたえ十分です。
また、美術館内もとても静かで、何やら落ち着く雰囲気なんですね。
作品がそんな雰囲気を作っているのかもしれませんね。

あらかた作品を見終わったら、
美術館の中にあるらせん階段を昇って屋上に出てみましょう。
この屋上からの北谷の眺めもまた良いものです。

ボクネン


ランキングに参加してます。よろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ
スポンサーサイト



関連タグ : AKARA, ボクネンミュージアム, 名嘉睦稔,