沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日記事にした、沖縄市のパークアベニューにあるインド屋ですが、
チャイを店内のテーブルで、Victorさんと雑談していると、
テーブルの上にふと目についたカードに、「土日はカレー販売」とあるではないですか、
聞いてみると、土日だけチキンカレーを出しているとのことです。

インド人の作るカレーだからきっと美味しいに違いないと踏んで、
早速その次の土曜日に行ってきました。

出てきたカレーはチキンカレーです。
かなりの辛さを想定していたのですが、すごく辛くはありません。
食べた後に少しだけピリッと口の中に残る辛さはあるものの、
水を飲みたくなるような辛さではありません。
何というか、程よい辛さなんですね。
日本人の口によく合う辛さなのです。
それでも日本のカレーとは違って、さらっとした液状タイプのものです。
ほとんどスープのような感じですね。

先日の晩から作って、一晩寝かしておいたとのことで、
良い味が出ていて、チキンの肉にも味が染み込んでいました。
やはりカレーは一晩寝かすに限るのですね。

トマトベースでその他の野菜も入れ、
様々な香辛料を織り交ぜて、日本人向けにアレンジした一品とのことで、
お年寄りでも難なく食べられるようなカレーでしたね。
Victorさん曰く、「お年寄りでも、全部食べるよ。残さない。」
確かに、それ程辛くないので、食べやすくて美味しいカレーでした。
これならお年寄りでもOKでしょう。

土日限定のインド屋のカレーはいかがでしょう。
日本のカレーに飽きたり、インドや他の国のカレーのようなものが食べたくなったら、
インド屋のカレーを食べてみては・・・
因みに値段はワンコインの500円です。

インド屋2

チャイとインドカレーのお店がコザにあったとは、驚きでした。
パークアベニューに来たらぜひ立ち寄ってくださいね。



ランキングに参加してます。よろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ




スポンサーサイト

関連タグ : インドカレー, インド屋, パークアベニュー,

沖縄コザに位置する、パークアベニュー
国道330号線から入って、コリンザという複合施設ビルにぶつかるまでの、
両側にお店が連なった、ちょっとどこかの外国風な匂いというか、空気を醸し出している通り、
それがパークアベニューです。

初めてこの通りを歩いた時は閑散としており、開いているお店も少なく、
少しびっくりしたものです。
今でもひっそりとした感もありますが、これまた良くてじっくり歩いてみると、
なかなか面白お店やスポットも多く、またディープな側面も併せ持つ、
とても多国籍な空気の、ちょっと違った沖縄を味わうことのできるのが、
コザ”という場所なのかもしれません。

そんなコザの街中にあるインド屋は、
国道330号線からパークアベニューに入ってすぐ右側にあります。
インドミュージックが聞こえてきて、
サリーというインドの民族衣装がディスプレイされているお店がそれです。
中に一歩入ると、まさにインドそのものという風情です。

インドのちょっとした食料品や、お香(incense sticks)、インドの雑貨、布、サリー、
などなど、インドのものならここに行けば手に入りそうです。
私は最初は探しているお香に出会いたくて、このインド屋に辿り着いたのですが、
私の探している“black diamond”というお香はマニアすぎるのか、
店主のVictorさんに聞いても、ないとのことでした。
私としては、“black diamond”に出会えず、少々残念だったのですが、
それはさておき、ここは他のお香もかなりの種類があるので、
店主のVictorさんにいろいろ聞きながらお香を選んだら、
きっとあなたの気に入る一品を見つけられるでしょう。

このお店はなんと本場インドのチャイも飲ませてくれます。
チャイとはインドでは日常的に飲まれている砂糖入りミルク紅茶のことで、
インド旅行の時などは、散歩に疲れるとよく飲んでいたものです。
インド屋チャイは、私としてはかなり本場インドの味に近いと感じます。
チャイは、出すお店によってもかなり味は変わるので、一概にどれが美味しいとは言えませんが、
私の好みとしては、このインド屋チャイがおすすめの一杯かもしれません。

店主のVictorさんにお願いすると、
自分の好みに合わせて作ってくれますので、
どんなのがよいか、事前にリクエストします。
最初は、ごく普通のチャイで、紅茶・牛乳・砂糖のみで作ってもらいました。
これはごくノーマルのタイプで、クセもなく非常に飲みやすく、
また甘さも適度でしたので、非常に飲みやすいものでした。

次は、これに香辛料を少し入れて作ってもらいました。
生姜とカルダモンかな・・・が入っていて、ちょっぴりスパイシーだけれど、
これが砂糖の甘さと絶妙のコンビネーションを作り出し、
またインドにいる気分にさせてくれるのでした。

インド屋1

パークアベニュー付近の散歩に疲れたら、
ぜひインド屋でチャイの一杯でも飲んで、つかの間の休憩などいかがでしょう。

次は、もう少しインド屋について書きましょう。

ランキングに参加してます。よろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ





関連タグ : インド屋, チャイ, パークアベニュー, コザ, 沖縄,

2012年7月

梅雨明けしてからというもの、暑い日が続いています。
ちょこっと雨も降ったしりしているので、水不足は心配ないと思うのですが、
天候のことばかりはわからないので、天に祈るしかなさそうです。

今日は7月5日にオープンした宜野湾コンベンションシティに行ってきました。
平日でしたので、土日ほどの混雑はないであろうという予想のもとの行動です。
ということで、いざ宜野湾市の宇地泊へ行ってみますと、なんと駐車場が全て満車の表示が・・・
3階、4階、屋上と3フロアの駐車場に空きがないのです。
1階にも駐車場はあるのですが、そこは当然満車で空きはなし。

それでもどんどん入場していく車にくっ付いて、3階へ行ってみると満車らしく4階へ誘導されました。
が、4階も満車で、右往左往する車であふれており、
屋上は暑いのでやめようと必死に皆さん駐車スペースの空きを求めて、走り回っておりました。
我々も10分ほどさ迷い、3階に下りて、また4階に戻ったところで、
ようやく駐車スペースを確保しました。やれやれ・・・
これでは土日はかなりヤバイ状況になるだろうと予想できますね。
土日来場時は注意が必要です。

さて、コンベンションシティの目玉はやはり、東急ハンズでしょう。
東急ハンズ沖縄に初進出ということで、1階フロアにかなりの面積を有しており、
品揃えもほとんど内地と変わらずということで、
このフロアをウロウロしていると、内地の東急ハンズにいるような錯覚に陥るのでした。
昨年の11月に東急ハンズがやって来るという記事を書きましたが、
あの記事が本当に現実になったんだなあ。と実感した次第です。
これからは、このコンベンションシティで、ある程度の品物は揃うのではないかという気がしました。
那覇ではなく、宜野湾に出店したというのが、また興味深いところでもありますね。

もう一つ、個人的に嬉しかったのは、
カルディコーヒーファームというお店が、このコンベンションシティに入ってきたということです。
このお店はネットで検索すればわかるのですが、
海外にもカフェを構える、コーヒー豆や輸入食材を売るお店で、
私も東京に住んでいる時は、このお店でよくコーヒー豆などを購入していたものです。
なので、懐かしいなあという思いが強いですね。
入口では、アイスコーヒーを試飲させてくれます。
試飲のアイスコーヒーを飲みながら店内で買い物ということも可能な何ともよいお店なのでした。
今日もカルディでは、コーヒー豆こそは買わなかったものの、
パスタ、トマト缶、プルーンにジャムなどを購入して満足でした。
カルディコーヒーファームは、タイやネパールにもカフェを営業してる会社なのですね。

他にも2階フロアには、様々なお店が入っており、気分は内地という感じでした。
宜野湾コンベンションシティは、これから夏休みを向かえますます混雑するのではないでしょうか。
混雑を避けるには朝早い時間にやって来ては、お昼前に撤収というスタイルしかないのかなあ・・・
などと考えながら、今回は帰宅しました。


ランキングに参加してます。ポチッとよろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ



関連タグ : 宜野湾コンベンションシティ, 東急ハンズ, カルディコーヒーファーム,

梅雨明けが近いと思われる某日、
真栄田岬にある真栄田そばが美味しいとの情報を聞きつけ、
行かずにはいられなくなってしまいました。
外の天気はあいにくの雨が降ったり止んだりでしたが、
車を走らせて真栄田岬へ。

この真栄田岬ダイビングのメッカになっていて、
駐車場も有料になってしまったのですが、
この梅雨時期にもかかわらず、
たくさんのダイビングやシュノーケリング目当ての観光客が、やって来ており、
この分だと夏のシーズンはもっと来るな~と安堵しつつ、
駐車場に車を停めて、目的の真栄田そばへ歩きます。

真栄田そばは、真栄田岬の管理事務所の建物の中にあります。
他にもぜんざいを食べさせてくれる氷屋というお店もあり、
ちょっとしたマリングッズなんかを販売しているショップもあります。

真栄田そばは、沖縄そばだけでなく、タコライスやカレーのメニューもあり、
気合が感じられ、少々迷いましたが、ここはやはりそばの軟骨ソーキを注文しました。
次はタコライスを食べたいな・・・などと想像しつつ待つこと数分。
出てきました軟骨ソーキののった沖縄そばです。
以下写真↓
真栄田そば2

このそばのダシはかなり美味しいです。
私としてはかなりいけています。
というのも、かなりあっさりしているからなんですね。
どちらかと言うとあっさり味で、すっと汁を飲み干してしまいました。
それによく合う麺の固さもまた絶妙でした。
自分としては、ソーキの下に埋もれていた3枚肉の厚いような肉が美味しく感じました。

この麺にも、また小話がついていて、ある日のお客さんの麺が、どんぶりの中で結ばれていたそうです。
それを食べたお客さんが、店主に「麺が結んであるんですね、この店は」と聞いたところ、
店主は「いや何もそんな面倒なことしてませんよ」と答えたそうです。
偶然、丼の中かどこかの工程で麺が結ばれたのでしょう。
そこで、このお話は終了というわけでなく、
しっかりと、これを食べたお客さんは、その後恋人ができたというオチが付きます。
これ本当の話だそうで、もしかしたら、この真栄田そばはそういった力があるのかもしれません。
「縁結びそば」として有名になってほしいもんです。

ダイビングのついでに「縁結びそば」いかがですか?
観光でなくとも、地元の方でも、これを読んで真栄田そばに行ってくれたら、
きっと良いことがあるかもしれませんよ(^。^)

今日は建物の中は空いていたので、樂々椅子に座ってそばを味わうことができましたが、
ピーク時はどうなるんでしょうか。大混雑かな・・・?
なんて要らん心配をしつつ、次はタコライスにしたいけれど、
このあっさりの沖縄そばも捨てがたいと、まあ贅沢な悩みを抱え込んでしまいました。
真栄田そば



ランキングに参加してます。よろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ


関連タグ : 真栄田そば, 真栄田岬, 沖縄そば, ダイビング,

2012年7月9日より、ジェットスター・ジャパンがいよいよ沖縄に就航しました。
それにあわせて、成田空港へのアクセス改善の一つとして、
東京シャトル」なるバスが、成田空港-東京駅・東雲車庫間で運行されることになりました。
運行会社は京成バス成田空港交通です。

今後増加が予想される、格安航空会社(LCC)の成田空港就航を見込んで、
東京都心と成田空港とのアクセスを見直していこうということのようで、
以前からこうした料金の安いバスの運行が計画されていると聞いていたので、
ついに出たかという感じです。

気になる料金ですが、
成田空港-東京駅・東雲車庫間で
ご乗車1ヶ月前まで予約購入 1000円
ご乗車前日までの予約購入 1500円
当日のご購入 2000円
と、早めの購入が有利なようです。
なお、9月上旬まではデビュープライスとかで、何と800円での利用が可能。
これはかなりお得感があるのではないでしょうか。
詳しくは、京成バスなどのホームページをご覧ください。
チケットはコンビニなどで購入も可能なのだそうです。

運行ダイヤとしては、ほぼ1時間に1本の割合での運行になっているのですが、
肝は、深夜の運行があるということですね。
何と東雲車庫を1:00、東京駅八重洲口を1:30に出て、成田空港第2ターミナルに4:00の到着。
という便の設定があるのです。
距離の割には、だいぶ時間が掛かる便ですので、途中で休憩するか、一般道を利用するかするのでしょうか。
詳しい運行内容に関してはまだ把握できておりませんが、
この半夜行的な便を使うことで、以前に書いた「ジェットスタージャパン成田6時発
のように前泊したり、自家用車で成田空港まで来るという必要はなくなりそうです。

早朝の4:00に成田に着けば、とりあえず6時発の便でも怖くありませんね。
しかし、あんまり眠れないという恐れはあるのですが、
やはり航空券の安さには変えられないといったところになるのでしょうか。

成田からの戻り便最終は23時台ですから、あんまり変わりません。
このバスに乗っても東京駅着が0:25となり、場所によってはその先の電車がないということにもなります。
まあ成田空港が23時以降の離着陸が原則できないことになっていますので、
致し方ない面もあるのですが。

ジェットスター・ジャパンに続き、エアアジア・ジャパンも就航し、
賑やかになってくるはずですが、この東京シャトルと共にどうなっていくのか。
この夏を境に航空会社の状況が一変して、
沖縄にも多くのLCCが飛んできてくれたら嬉しいですね。
沖縄に来るためには飛行機が一般的ですので、もっと多くの便が就航し、来沖しやすい環境になると、
観光産業も潤うはずなのですが、道のりはまだまだでしょうか。


ランキングに参加してます。よろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ



関連タグ : 東京シャトル, 京成バス, 成田空港交通, LCC, ジェットスタージャパン,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。