FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年3月

伊是名ビーチで、少しのんびりした後は、
すぐ近くにある伊是名集落へ向かってみます。
車を走らせること3分。あっという間の到着となりました。
ふるさとの村交流施設なる建物の駐車場に車を置きます。
すぐ近くには、この島唯一の酒造所、伊是名酒造所があって、良い匂いを漂わせています。
泡盛を造っているんですね。それにしても、お酒の良い匂いがしてきます。

伊是名集落の中を散歩してみますと、
この集落はなんとも落ち着く感じがします。
昔にタイムスリップしたというか、昔懐かしいという気分になり、
心のどこかを癒してくれるような気がしてなりませんでした。
自分はここを知ってるんじゃないか・・・みたいな感覚で、心地良さを味わいながら散歩しました。
伊是名集落

両サイドが石垣造りの塀で、そこにフクギが植わっているから、
また一風変わった光景を作り出しているのでしょう。
そこに身を置くと何か気分が良くなる感じがするのでした。

同じ集落内に銘苅家住宅という、古い琉球家屋が残っておりました。
銘苅家は第二尚氏王統の始祖・尚円王の叔父の子孫で、島の地頭職を務めていた旧家とかで、
この古い住宅は国指定の重要文化財に指定されています。
しかし、観光客はゼロ。まあ時期がずれているのもありますが。
古い家は入場料を取るわけでもなく、勝手に入れるようになっていました。
銘苅家住宅

しかし、誰もいないので、少々怖くなってきた私は、その場を写真撮影だけで離れてしまいました。
屋根の造りとかはとても立派で見ごたえ十分でしたし、
屋根の上のシーサーの形も変わっていたんですが、
ここの雰囲気に呑まれそうな、変な気を感じて、長く居るわけにはいかなくなってしまったんですね。
厳かな雰囲気に呑まれそうな感覚になってしまったのでした。



スポンサーサイト

関連タグ : 伊是名集落, 銘苅家住宅,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。