沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近はローコストキャリア(LCC)が増えつつあり、
内地と沖縄間の航空運賃が安くなることで、
観光客の増加が見込まれていると思われますが、
そんな中でスカイマークは以前から、大手航空会社よりも安い運賃を提供してきました。
沖縄にもかなり前から就航しています。

最近はさらに宮古島に路線を拡充しつつあるスカイマーク
就航当初は那覇-宮古間2800円が最も安い運賃でしたが、
運賃改訂がなされ宮古割なる運賃形態が誕生し、一瞬値上げのようにも感じられましたが、
実はもっと安い運賃があったのです。
何と1800円という運賃を発見しました。
例えば、これを書いている5月12日11:30現在の時点では、
那覇空港を6月7日の19:05に出発する549便の宮古割が1800円で残席4席となっていました。
同じ日の他の便は宮古割が2400円の設定になっていました。
この時点では、上記の料金形態でしたが、他の時間帯で調べてみたら、また別の結果になるのかもしれません。

宮古割はどんな運賃なのかというと、
「空席の状況」によって運賃が変動していくというものらしいのです。
おそらくは、その便に空席が多ければ安くなり、その安い運賃の席が埋まると次に安い運賃、
という風に段階的に値段が上がっていくのではないかと思われます。
スカイマークが巧みに運賃を切り替えて、上手い具合に収益が上がるような仕組みになっているのでしょう。

よく調べたわけではないのですが、
早めに購入すれば安いというものでもないのかなとも思いますし、
安いかどうかは、その時のタイミングというか運次第ではないかなと。
最近のLCC(ローコストキャリア)だと、早く買えば安いというわけにもいかなくなってきているようですね。
スカイマークは手荷物は規定の大きさであれば、15キロまでは無料のようですが、
他のLCCだとそうはいかないかもしれませんので、別料金が発生しないか予約時注意しないといけませんね。

蛇足としては、
スカイマークの予約画面の変更があります。
スカイマークは7月1日の搭乗分から、羽田-宮古間の運賃が一括で表示されるようになっています。
これは自分で飛行機を自宅のPCから予約する場合の話です。
これまでは、羽田-那覇、那覇-宮古をバラ取りするしかなかったのですが、
一つの画面で予約できるようになっています。
ただ、組み合わせが一つのフライトしか表示されないので、
別のフライトパターンが良い場合はバラバラに予約するしかなさそうです。

宮古島にも安く行けるようになってきて、
離島へ行く選択肢が増えてきたのは喜ばしい限りです。
と書いたものの、7月以降の宮古割は7月12日までは、2800円から。
7月13日以降は5800円からと高めの設定になったようです。
詳しくはスカイマークのサイトで確認してください。



ランキングに参加してます。よろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ


スポンサーサイト

関連タグ : スカイマーク, 宮古割, LCC,

ジェットスター・ジャパンが7月9日から、成田-那覇間で運航を開始と前回のブログで書きました。
7月23日からは1日2便体制での運航となる予定となっています。
出発が成田空港とあって、都心方面に用事がある場合は、
多少の使いにくさも感じられるかもしれませんね。
そこで、今回は格安航空のジェットスター・ジャパンの朝便は使えるかについて、
成田へのアクセスと絡めつつ少し書いてみますね。

では、問題の7月23日から運航予定の6:15発のジェットスター・ジャパンGK135便に乗るケースを考えてみましょう。
この時間に東京都心から、直接成田空港に入れる公共交通機関はないので、
この便に搭乗するためには、
自家用車で直接成田空港まで来る、またはどこかのホテルに前泊しておく。
といったことが必要になりましょう。

まず、自家用車で成田空港まで来るということですが、
これ自体は可能ではあるのですが、問題はどこに駐車するかということになります。
近隣の安いパーキングは、たいてい営業時間が6:30からというパターンが多くて、
現在の段階では、格安で駐車するのは厳しい状況です。
となると、成田空港の直営パーキングに停めるしかありません。
そうなると、1日1500円から2000円の駐車料金がかかります。
それに高速代やらガソリン代やらが加算されてきます。

次に、前泊するパターンです。
成田空港の近くにはたくさんのホテルがあり、
ほとんどのホテルからは空港までの無料送迎バスが用意されているのですが、
その無料送迎バスの運行開始時刻が6時以降というパターンが多く、
6:15発の便には間に合いません。
それにひきかえ、8月24日からはスケジュールチェンジが入り、
GK135便那覇行きは6:00発になってしまいます。
私がざっと調べてみた限りで、一番早いホテルから成田空港への無料送迎バスは、
ホテル日航成田から出る5:45発のものでした。この時間では間に合いそうもありません。
ジェットスター・ジャパンは出発30分前までにチェックイン、
出発25分前までに搭乗ゲートへ移動をを推奨しているので、
5:45にホテルを出たのでは、とても間に合わないでしょうし、
乗り遅れても自己責任となるので、いいことなしです。なので無料送迎は使えないとなります。
となると、ホテルに前泊しても、タクシーを利用する以外になさそうです。

結論としては、航空券は安くなっても、
成田までの移動費(高速代、ガソリン代、電車代、バス代など)は必ずかかり、
さらに付随費用として、駐車場代、ホテル代、タクシー代などが掛かってきます。
これらと航空券を合算して、羽田発の料金と比較して、お得な方を利用する以外になさそうです。

なお、午後の14時20分発(8月24日からは14:55発)の那覇行きに関しては、
朝便よりは、問題なく利用できると思いますが、
それでもやはり成田空港までの移動費用を計算に入れておくようにしましょうね。
また、帰りの夜便についても成田に着いてから、自宅まで帰る電車があるのか?
ということも重要な検討ポイントです。
しっかり乗り換えも含めて調べておきましょう。

と、朝一の便を利用して格安で沖縄に来て、時間を有効活用という作戦は、一筋縄ではいかないのですが、
今後の成田空港へのアクセス改善も含めて、
格安航空会社には頑張ってもらいたいものです。
まだ運航も始まっていないので、まだまだこれからということで期待しましょう。

(上記の航空ダイヤ、その他料金などは、2012年4月30日現在のものです。)


ランキングに参加してます。よろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ


関連タグ : ジェットスター・ジャパン, 成田空港, 格安航空会社,

読谷村渡慶次にある“工房コキュ”に行ってきました。
ひょんなことから出会った陶工さんで、
今では隠れた人気がある、とても味のある陶器を作製しているんですね。
で、今回はそんな器が欲しくなったので、足を運んでみたわけです。
工房コキュ

工房コキュに実際に行ってみますと、少々わかりにくかったのですで、簡単に説明しますね。
まず、県道6号線に国道58号線の伊良皆交差点から入ってきて、どんどんまっすぐに来ますと、
左側に“スーパーかねひで”があります。
そのスーパーかねひでのある交差点は2又になっていますので、
2又を左の方へ進んでいきます。
そのまままっすぐに進んでいくと、やがて道路のセンターラインが消えます。
その消えた所からほんの少し進むと、右に入る道がありますのでそこを右折して、
ちょっと行った左側が工房コキュです。
この辺りは道が複雑なので、この行き方がもっともわかり易いと思われます。
周囲に目印も少ないので、カーナビ使っても辿り着くのは、難しいとのことでしたので、
地図をリンクしておきますね。→地図
どうやら、カーナビで来ると1本北側の道に案内されてしまうようですね。

さて、工房コキュに一歩足を踏み入れてみますと、
作品が展示されている小部屋では猫がお出迎えしてくれます。
作品が所狭しと並べられていて、それらの作品に見入っていると、
猫が「いらっしゃいませ」とばかりにやって来て挨拶してくれますよ。
もちろんやちむんの数々はその場で購入することができます。
作品の一例です。↓

工房コキュ

工房コキュ2 工房コキュ3

コキュさんは、沖縄に来てから8年ほど修行して独立したそうですが、
陶器を人が使ってくれることに喜びを見出し、何かのパワーを感じたため、
やちむんを自分で作ってみようという気になったのが、
陶工になろうと思ったきっかけなのだそうです。
それだけあって、気持ちの入った味のある作品が数多く、
使う人を和やかな気持ちにさせてくれる、そんな器が多いように感じました。
現在は注文も順調に入っているようですので、すでに売れっ子なのですね。

写真を見て購入希望の方は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


ランキングに参加してます。よろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ


関連タグ : 工房コキュ, 読谷, やちむん, 陶工,

2012年3月

今回は伊是名島での宿泊は、民宿美島」となりました。
この民宿は良いですよ~
というのも、まずは立地です。
何と港の目の前なんですねえ。
伊是名島の仲田港に到着して、ターミナルを出てすぐ左手に見えるので、すぐにわかります。
とは言え、今回は土砂降りの雨につきターミナルから動くことができず、
近くて遠い民宿美島」になってしまいましたが、
雨でなければ、徒歩1分という近さですから、何にも問題はありません。
民宿美島

部屋からはこのように、仲田港に停泊している船の写真も撮る事ができました。
仲田港

隣はレンタカーのお店、伊是名レンタカーがあります。
本当に隣ですから、すぐに行って借りることができます。
伊是名レンタカー

港からも近くてレンタカー屋さんも隣にあるならば、
とても便利で動きやすい民宿であると言えましょう。

今回は何と言っても、民宿のおかみさんに助けられました。
翌日宿泊予定の伊平屋島の宿がすべて満杯状態で、
どこに電話連絡をしても全て断られてしまいました。
どうしたものかと、途方に暮れていると、おかみさんが助け舟を出してくれて、
何と伊平屋島の田名集落の公民館で泊めてもらえることになったのでした。
宿がないとなると野宿するわけにもいかず、
伊平屋島は諦めてまた次回に出直しということにもなり兼ねませんでしたから、
本当に助かりました。
この場を借りてお礼申し上げます。

行ったのが、3月ということもあり、公共工事の影響などもあり、
宿が満杯状態であるということでした。
伊平屋島は観光以外でもこうした需要もあるのですね。

民宿「美島」では大変お世話になりました。



ランキングに参加してます。よろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ



関連タグ : 伊是名島, 美島, 民宿, 伊平屋島, レンタカー,

2012年3月

伊是名島でひとつ気になっている場所がありました。
伊是名空港です。
伊是名島に空港なんてあったかな?とお思いの方も多いかと思われますが、実はあるのです。
またの名を「伊是名場外離着陸場と」いうのだそうです。

島を1周しきったところですが、急遽踵を返して空港に行って見ることにしました。
場所は島の西側にあたります。
島を1周している道路から、よく見ると標識が出ていましたので、
それに従って畑の中を進んでいくと、到着しました。
プレハブの小屋に「伊是名場外離着陸場待合所」の看板が掲げられています。
飛行機の整備するバンカーみたいなものもありますが、農作業小屋と兼用のようです。
伊是名空港2


データによると、滑走路長は610m。
以前はエアードルフィンという会社が不定期便を飛ばしていたみたいですが、
事業停止になってしまい、現在は航路はなく、緊急輸送用のみという扱いだそうです。
空港管理は伊是名村のようです。

610mの滑走路では、ちょっと短いですね。
RACのDHC-8-100でも最低1000mはないと厳しいですから。(それでもギリギリかと)
船しか足のない伊是名島にとって、空の足の確保というのは課題のひとつでしょう。
滑走路延長して、定期航路といきたいところですが、
その後、しっかりやっていけるのか?という風に考えたら、答えは未知数ですね。

伊平屋島でも空港整備の話があるようですから、
双方で協力して、何か良い案が出せて、お互いが利するといいですね。
空港の有効活用の今後に期待したいものです。

滑走路を望む。
伊是名空港


ランキングに参加してます。よろしくです。↓

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ
にほんブログ村


地域情報(沖縄) ブログランキングへ

関連タグ : 伊是名場外離着陸場, 伊是名空港, ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。