FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


ジェットスタージャパンという格安航空会社(LCC)がついに那覇に就航決定しましたね。
7月9日から1日1便。
成田14時20分発 那覇17時25分着 GK137
那覇17時55分発 成田20時30分着 GK138
というスケジュールで運航開始です。
7月23日からは
成田6時15分発 那覇9時20分着  GK135
那覇9時50分発 成田12時25分着 GK136
の便が加わり、1日2便体制になります。(4月21日時点)
成田発着というのがポイントでこの時間帯ですから、
東京のどこに住んでるかということで考えると、厳しい面もあるかもしれませんね。
沖縄から東京に行くとしても、成田から都心への移動を考えるとどうでしょうか。
いずれにしても、安いということから仕方がないという結論になりますね。

そこで、気になるお値段ですが、
那覇-成田間は片道6990円からというのがノーマルな運賃になりそうです。
日にちにや便によっては9990円、10990円となったりするようですが、
おそらく空席に連動したり、出発曜日で運賃が変化しているのでしょう。
買うタイミングが重要ということになりましょうか。
この記事を書いている段階(4月22日)では、来年の2013年3月の予約も行えますが、
2013年2月28日までの料金は6990円があるのに対し、
2013年3月以降は22990円と一気に値上がりしています。
これはどんな理由かはわかりませんが、おそらくはどこかの時期で6990円に値下がりするのではないでしょうか。
注意すべき点は、荷物を預けると15キロまで900円、20キロまで1000円の追加料金がかかること、
座席選択などをすると追加料金が掛かることなどでしょう。
足していくと結構な金額になっていきます。
これらの金額に成田からの移動費用も計算して、
どっちが安いか羽田線との比較をしてみてもいいですね。

しかし、ジェットスタージャパンは4月17日の販売開始時には1円セールを実施、
4月18日、19日には1900円からのセールを開催。2日間の限定販売でしたが、
成田-那覇線は2900円からという破格値で売られていました。
日にちによっては2900円の座席は売り切れたりしていましたが、
18日の夜の段階ではまだいくらかの空席があったようですね。
このように、急に破格値のセールが開催されていることもありますので、
要チェックしながら目が離せないということになりそうです。

今後は、8月にエアアジアジャパンが就航予定となっており、
スカイマーク、ジェットスターとLCC3社が三つ巴の熾烈な競争になるのかもしれません。
利用者にとっては、特に東京(成田)までの運賃が値下がりすることは、
とても嬉しい限りですが、競争しすぎて共倒れというのも困ります。
そんなことはないとは思いますが、各社に期待したいところです。

スポンサーサイト



関連タグ : ジェットスタージャパン, エアアジアジャパン, スカイマーク, 格安航空, LCC,