沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
沖縄の離島の中でも、なかなか行けない離島となると、
先島諸島ということにもなってきますが、実は沖縄本島の近くにも島はあるのです。
その中の2つ、伊是名島伊平屋島の2島に行く機会ができたので、
早速レポートしていきたいと思います。

沖縄本島付近の離島の中でもアクセスが大変なのが、この2つの島です。
なぜなら、運天港という北部の今帰仁村にある港から船で行くしか方法がないからなんですね。
他の島だと、例えば那覇のとまりんから船で行くことができたりするんですが、
この伊是名・伊平屋の島々は、北部まで何がしかの手段でやって来ないと、渡る事ができません。

さて、この運天港までのアクセス手段はというと、
夏の時期であればJJライナーという旅行会社のバスが、那覇から運天港まで運行されている模様ですが、
それ以外の時期は公共の交通機関はありません。
なので、車で直接運天港まで乗り入れてくる。
または、最寄のバス停まで路線バスで行き、そこから徒歩かタクシーという手段になります。
路線バスで来た場合は、今帰仁村の最寄バス停からタクシーが簡単に拾えるとは思えませんので、
何らかの手配が必要かもしれませんから、タクシー会社の電話番号くらいは控えておいた方がよいでしょう。

と、非常にアクセス手段の限られた運天港ですが、
だからこそ、離島に来た、遠くに来たという感覚がさらに増すこと間違いなしです。
旅情UPの島とでも言いましょうか。

自家用車やレンタカーで運天港まで来た場合ですが、
1泊500円で預かってくれる駐車場が、周辺に何件かありますので、そこに預けてしまいましょう。
無料駐車場も以前はあったようですが、今はないのでしょうか、発見できませんでした。
しかし、日帰りが不可能に近い、これらの島々に渡るのですから、
車から離れる時間も長くなるわけで、心配にもなりますね。(車上荒らしとか怖いです)
ケチらずに1泊500円を支払うことをお勧めしておきます。
ほとんどの方がこれらの駐車場を利用しているようでした。

と、まずは運天港までのアクセス手段について書きました。
日帰りが不可能に近いと書いた理由については、次で触れたいと思います。
とにかく、運天港まで来るのが一苦労という、
伊是名島伊平屋島の2つの島を、順番に紹介していきましょう。
まずは伊是名島からになります。

運天港ターミナル
運天港



スポンサーサイト

関連タグ : 運天港, JJライナー, 伊是名島, 伊平屋島, ,

前に、那覇から石垣島へ行くのは、宮古を経由したほうが安くなる場合があると書きました。
石垣島へ安く行く方法を参照ください。
その記載どおりに、石垣島の帰りは宮古経由を利用してみました。
本当は行き帰り共に宮古経由にしたかったんですが、
都合上行きは直行、帰りは経由便という形になりました。
それでも、今回は往復直行便よりも航空運賃が安くはなりました。

行きは、JTAの那覇からの直行便であっという間に石垣に着陸し、
短い滑走路の急制動着陸の迫力を味わい、所要1時間ほどでしたが、
宮古経由の場合はどんなに早くても2時間くらいはかかります。

まず、石垣発18:45のRAC838で宮古へ向かいます。
飛行機は小型のDHC-8-100で39人乗り。
しかし意外にもこの便は混雑していてほぼ満席の状態。
短い石垣空港の滑走路からの離陸ですが、小型プロペラ機だけあってジェット機ほどの迫力はなし。
30分ほどで宮古空港に着陸となりました。

次の接続便の那覇行きも同じ飛行機なのですが、ここ宮古空港でいったん降機となり、
ターミナルビル内へと誘導されます。
那覇行きも同系列のRAC便に乗り継ぐことになるので、荷物は那覇までスルーとなりますから、
ここで預け荷物には一切触りません。
ターミナル内で自由に出発まで過ごせます。
しかし、乗継時間30分くらいしかないので、そんなにのんびりするというわけにもいきませんが、
ちょっとお土産を買うことくらいはできるでしょう。
なお、ここでスカイマークやANAに乗り換えたりする場合は、荷物を一旦受け取ってから、
チェックインしなおさなければなりませんので、注意が必要です。

今回は、再びRAC(琉球エアコミューター)804便に乗り換えて、那覇に向かいます。
石垣から宮古まで連れてきてくれたのと同じ機体です。
客室乗務員の方も同じ方でした。お疲れ様です。
小型の飛行機は、快適な飛行で那覇空港に着陸しました。
石垣から那覇まで宮古経由で所要約2時間。他の便を選んだらなら、もう少しかかるかもしれませんが、
これで航空運賃が安くなるとしたら、悪くはないと思いました。
ただ、直行便は確かに楽ですから、好みの問題にもなるでしょう。

と、こんな方法もあるのでした。


関連タグ : RAC, 宮古, 石垣, 乗り継ぎ,

ジェットスタージャパンという格安航空会社(LCC)がついに那覇に就航決定しましたね。
7月9日から1日1便。
成田14時20分発 那覇17時25分着 GK137
那覇17時55分発 成田20時30分着 GK138
というスケジュールで運航開始です。
7月23日からは
成田6時15分発 那覇9時20分着  GK135
那覇9時50分発 成田12時25分着 GK136
の便が加わり、1日2便体制になります。(4月21日時点)
成田発着というのがポイントでこの時間帯ですから、
東京のどこに住んでるかということで考えると、厳しい面もあるかもしれませんね。
沖縄から東京に行くとしても、成田から都心への移動を考えるとどうでしょうか。
いずれにしても、安いということから仕方がないという結論になりますね。

そこで、気になるお値段ですが、
那覇-成田間は片道6990円からというのがノーマルな運賃になりそうです。
日にちにや便によっては9990円、10990円となったりするようですが、
おそらく空席に連動したり、出発曜日で運賃が変化しているのでしょう。
買うタイミングが重要ということになりましょうか。
この記事を書いている段階(4月22日)では、来年の2013年3月の予約も行えますが、
2013年2月28日までの料金は6990円があるのに対し、
2013年3月以降は22990円と一気に値上がりしています。
これはどんな理由かはわかりませんが、おそらくはどこかの時期で6990円に値下がりするのではないでしょうか。
注意すべき点は、荷物を預けると15キロまで900円、20キロまで1000円の追加料金がかかること、
座席選択などをすると追加料金が掛かることなどでしょう。
足していくと結構な金額になっていきます。
これらの金額に成田からの移動費用も計算して、
どっちが安いか羽田線との比較をしてみてもいいですね。

しかし、ジェットスタージャパンは4月17日の販売開始時には1円セールを実施、
4月18日、19日には1900円からのセールを開催。2日間の限定販売でしたが、
成田-那覇線は2900円からという破格値で売られていました。
日にちによっては2900円の座席は売り切れたりしていましたが、
18日の夜の段階ではまだいくらかの空席があったようですね。
このように、急に破格値のセールが開催されていることもありますので、
要チェックしながら目が離せないということになりそうです。

今後は、8月にエアアジアジャパンが就航予定となっており、
スカイマーク、ジェットスターとLCC3社が三つ巴の熾烈な競争になるのかもしれません。
利用者にとっては、特に東京(成田)までの運賃が値下がりすることは、
とても嬉しい限りですが、競争しすぎて共倒れというのも困ります。
そんなことはないとは思いますが、各社に期待したいところです。

関連タグ : ジェットスタージャパン, エアアジアジャパン, スカイマーク, 格安航空, LCC,

つい最近、やちむんを制作している室生窯へお邪魔する機会がありました。

場所は、名護市稲嶺といって屋我地島の近くになります。
このあたりは昔は羽地村という行政区分だったようですが、
合併して名護市になったという経緯があるようです。名護市はかなり広いのです。

工房自体は自宅を兼ねているので、ここでの直接販売はしていないようですが、
とにかく沖縄の古民家をご自分で改装して、自宅兼工房としていて、
周囲はとても良い環境ですから、ここで集中していればきっと良い作品も生まれ出ることでしょう。

作品をいくつか紹介しますね。

室生窯2 室生窯3
室生窯4 室生窯5

こちらが作業場。
室生窯


今回は、ひょんなことから窯に遊びにいくことになり、
楽しいお話を聞きながら、面白いひと時を過ごすことができました。
ここには、かわいいワンちゃんもいて、とても癒されました。

作品自体もやちむんの良さと、室生さんの独創性が良く出ていて、
なかなか良い器が多いではないですか。
今後、どんどん売れていってほしいものですね。

なお、先日に記事とさせていただいた東京都杉並区にある沖縄倉庫というお店に、
室生窯の作品を置かせていただくことになったという情報が入りました。
すでに店頭に並んでいるという情報が入りました。
室生窯の作品をぜひご自分の目で確かめてみるチャンスです。
写真を見て室生窯の作品を気に入っていただいた方で、
東京近郊にお住まいで杉並区の沖縄倉庫にいける方は、ぜひ行ってみてくださいね。



関連タグ : 室生窯, やちむん, 陶器, 工房, 古民家, 沖縄倉庫,

石垣島八重山そばのお店“ゆうくぬみ”についてです。
石垣市大川で、公設市場にも程近い場所に位置するこのお店は、
八重山そばや、ぜんざいの美味しいことで知られています。
付近に駐車場はないので、離島桟橋や周辺の駐車場に停めてから、
徒歩で向かうことになります。
ゆうくぬみ

このあたりは、昔はそば街道と言われるくらい、八重山そばの名店が建ち並んでいたようですが、
その伝統を受け継ぐべく、「ゆうくぬみ」があるのだとか、何かで読みました。
そんなお店に立ち寄ってみました。

店内は小さく、かわいくコンパクトにまとめられ、
おばちゃん1人で切り盛りしていて、常連のお客さんも多い様子です。
早速そばを注文して待ちます。

心のこもったおそばがこれです。
ゆうくぬみ2

おそばの食べ方が書かれている、うちわ?もあり、
それによると
1、そのままで
2、ピパーズ(島こしょう)を入れて
3、コレーグースを入れて
と3回楽しめるとありました。

ダシの効いたしょうゆ味のスープでしたが、
非常に心のこもった味がして、お腹に深く染み入りました。
うちわ?に書かれている通り、スープは全部飲み干しました。
というか飲み干さずにはいられない、美味しいから、気が付いたら全部飲んでしまっていた。
という方が正しいと思われます。

他にもぜんざいとかがありましたが、
今日はお腹いっぱいにつき次回に持越しです。
夏の暑い時期に来て、ここでぜんざいを頂きたいなあ・・・と思いました。


関連タグ : ゆうくぬみ, 八重山そば, ぜんざい, 石垣島,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。