FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


2011年11月

宮古島に来たからには、やはり名物なるものを試さなければということで、
ここでは、やはりというか、“うずまきパン”に登場してもらいました。
試食したのは、沖縄本島に帰ってきてからですが、味の違いなるものも、少しは感じられましたよ。

うずまきパンはどこが元祖になるのかはわかりませんが、
ちょっと調べたところによると、富士製菓製パンという会社の製造したものが、
どうやら元祖のようですね。
でかいうずまきパンということで、ロールケーキ状になったでかいうずまきパンも売られていました。
下の写真は富士製菓製パンものです。販売価格は115円。
うずまきパン2

空港には他に何社かのうずまきパンが販売されていたのですが、
そのうちの一つが、
渡久山製パンのものです。
下の写真です。販売価格は140円。
うずまきパン


うずまきパンの特徴は、やはりサンドされているクリームではないでしょうか。
このクリームは、バタークリームにグラニュー糖を混ぜ合わせたようなジャリッとした食感のクリームになります。
あとは、言わばロールケーキのような格好をしていて、
生地がロールケーキのようなスポンジではなく、パン生地といったところでしょうか。
ガツンと甘いクリームを食べて、満腹感を味わえそうなパンですね。

上記2社のパンを試食してみた結果なんですが、
どちらも生地には違いは感じられませんでしたが、
クリームの甘さに若干に違いを感じることができました。
渡久山製パンの方が、甘さが抑えられたように感じられましたが、他の人はどう思うでしょうか。
それ以外の食感に違いとなると、うーむなかなか・・・・

偽物か本物かという議論は、不毛に終わりそうです。
どれも、ジャリッとした食感のクリームの美味しいパンということになり、
結局は個人の好みの問題になっていくのかなあ・・・
と、自宅でお茶を飲みながら考えてみたのでした。





スポンサーサイト



関連タグ : うずまきパン, ロールケーキ, クリーム, 宮古島,