沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月24日付けの沖縄タイムスを見ていたら、
「国際通りに震災の影」なる記事がありました。

やはり、震災の影響でかなり観光客が減り、経営が厳しくなってきているとのこと。
最低でも売り上げが2割から3割減っているお店が多いらしいですね。
何とも言えませんが、沖縄に移住とまではいかなくとも、
震災のために避難されてきている方もいらっしゃる状況ではあるのですが、
修学旅行自体ががキャンセルになったり、航空会社が減便したりと、
全体としての、沖縄における観光客のバランスはマイナス方向ではあります。
しかし、ホテルによっては稼働率が上がっているところもあるとの情報もあり、
一概にこうと言える問題ではなさそうですね。

これは沖縄だけではなく、全国的にも言えることのようです。
外国人が減って商売上がったりとかという話は、よくニュースでも耳にしますね。
関東方面ですと、日光、箱根や、東京の浅草寺などなど・・・。

東日本大震災の影響は、やはり計り知れないものです。
今後、まず被災地の復興をはじめ、原発の処理の方法及び補償問題、放射能の被害、風評被害、
などなど、問題は山積しているわけですから、
日本経済全体がどうなっていくのか、ということを注視していくとともに、
沖縄に住む人間として出来ることは何なのか?ということも考えていきたいと思います。

いよいよGWに突入です。
明日4月30日は読谷村残波岬で“きとねいち”も行われます。
天気は曇りの予報となっていますが、読谷までブラッと遊びに来られたらいかがですか。
長期予報によると、連休の沖縄地方は天気が悪そうです。すでに梅雨入りでしょうか。
少し早い気もしますが、まあ自然には逆らえないということですね。





スポンサーサイト

関連タグ : きとねいち, 梅雨, 震災,

前にもippecoppeのことは、当ブログにアップしたのですが、
今度は、食パンを買ってきたので、その味の報告といきます。

港川にある、このとても小さなパン屋さんは、食パン専門店とあって、
本当に食パンが美味しいのでした。
今回は、早めに行ったので、食パンを買うことができましたが、
少し遅い時間になると、もう売り切れてしまうことがありますので、
どうしても欲しいという場合は、早めに行くしか方法はなさそうです。

イッペコッペで

さて、食パンを手に入れたついでに珈琲豆も買いました。
この珈琲豆は近所のセラードコーヒーさんの豆を使用した、1杯ドリップ用のもので、
すぐ近くのセラードコーヒーでは買うことができない、ippecoppeでしか買うことができない貴重なものです。
写真の下側に写っているのがそれです。
土曜日しか営業されていない、セラードコーヒーの豆をここで買えるのは、ちょっと嬉しいですね。

帰宅後食べた食パンの味は、今までにない味でした。
とてもやさしいかんじで、流石は天然酵母と国産小麦使用です。
近くに行ったらまた購入してみようと思いました。
素材はやはり厳選されているのでしょう。ぜひ一度どうぞ。



CAFEAZURRO


北谷にあるCafe azzuro。
58号線から1つ海寄りに平行に走る道路沿いにあります。
ハンビータウン側から行くと、ジャスコの方に向かって右側になりますね。
地図は→こちら

駐車場は店に向かって左手にあります。
区画が決まっているようですので、決められた区画に駐車しましょうね。
車さえ停めてしまえば、あとは店内で寛ぐのみです。

このCafe azzuroは、チーズケーキが有名なのです。
行った時間は夕方だったのですが、それでも10種類くらいのチーズケーキが、
ショーケースに陳列されていて、どれにしようかと迷うばかりです。
こういう時はサッとフィーリングで選んでみたのですが、
それが何と“豆腐チーズケーキ”。
これは正解でした。

AZURROのチーズケーキ


ここのチーズケーキは濃厚です。
とてもしっかりとした味付けがされていて、豆腐の味も少しはするものの、
やはり濃厚なチーズケーキでしたね。
一緒に頼んだ、カプチーノとよく合いました。
豆腐とチーズという一見相反するような組み合わせですが、
よくよく考えてみると、同じ乳製品ということになりますから、
やはり相性はよいのかもしれませんね。

今度は、もっと他のも食べてみたいですが、
すべての種類を食べるのにはかなりの時間を要しそうです。
1時間くらい居ましたが、その間にもテイクアウトでチーズケーキを買うお客さんが何組かいたので、
やはり人気があるのでしょう。
確かに飽きのこないチーズケーキです。

カフェの雰囲気も、それほど広くはないのですが落ち着きますので、
じっくりチーズケーキを堪能しつつ、まったりと過ごすのもよいかもしれませんよ。
チーズケーキの種類は、日替わりということなので、次回はどんなチーズケーキがあるのか、
とても楽しみになるのでした。




関連タグ : チーズケーキ, Cafeazzuro, ,

東日本大震災から1カ月以上が経過しました。
被災地の方々は今でも大変な生活をしていると思いますが、
そんな中でも少しずつ、本当にわずかにでも、以前の生活を取り戻す方向に動きつつあると感じている今日この頃です。
沖縄からも、本当に微力なのですが何かできることはないか・・・
と考えている毎日でもあります。

福島第一原発の事故は、地震後もっとも心配な種の一つで、
今後どんな方向に収束して向かっていくのか、
まったく予断を許さない状況にあると思われます。
日々、本当に良い方向へ向かって、放射能漏れが早く収まってもらいたいと願っているのですが、
次々に余震が襲いかかり、自然の力というもは恐ろしいと感じます。

いったいどうしたらいいのだろう?
と考えているところへ、この本に出会いました。


原子炉時限爆弾」 広瀬隆著
内容はかなり衝撃でしたし、説得力もありました。
今後の日本の行方を考えていく上で、とても参考になると思いました。
が、本の内容は人によって感じ方も異なると思いますので、私の感じ方が正しい訳ではありませんので、念のため。
しかし、一度お読みになれば何かを感じるはずです。
その後に、各個人がそれぞれ考えをまとめ、世界全体にとって良い方向へ導いていくことができたらなあ・・・
と勝手に良い方向へ考えてみたりもするのですが、どうなのでしょうか。

と、今回は沖縄の情報とはあんまり関係ないことを書いてしまいましたが、
ドイツ気象庁にホームページによると、沖縄にも放射能の飛散予想が出ています。
微量ですが、観測もされたようですので、
福島から沖縄はだいぶ距離はありますが、決して無関係というわけではないのかなと感じます。
今後も、いろいろと考えていきたいと思っています。

PS
今日は“道の駅おんな”に立ち寄ったら、観光客がいつもよりかなり少ないと感じました。
気のせいなのかもしれませんが、これも震災による観光産業への影響でしょうか。
今後の沖縄の観光産業の動向も目が放せません。






関連タグ : 原子炉時限爆弾, 原発, 東日本大震災,

北谷のジャスコの1階にはいろんなお店があるのですが、
その中の一つである“シェルブール”でチーズケーキを購入してみました。
値段が何と、525円で1ホール買えてしまうこの安さ。
以前からなかなか美味しいとの情報を聞き付けておりましたので、
ジャスコ北谷店に行った時に、是非購入をと考えていたので、作戦通りです。

ジャスコの銀だこの並びといえばわかってもらえるでしょうか。
行ったらフラフラと探していれば、すぐに見つかりますよ。
またの名を、「ワンダおばさんのお店」とも言われ、
沖縄本島中部地区で、このワンダおばさんチーズケーキを購入できるのはここだけとのことです。

私が行った時は、さらにチーズケーキを増産すべく、準備をしておりました。
1日にかなりの数量が出ている模様です。

さてお味はといいますと、
本当にシンプルなチーズケーキでとても食べ易いです。
甘いもの好きならば、すぐに1ホールは楽々たべてしまうこと請け合いです。
またこうして太っていってしまうのですが・・・
しかし、甘さは抑えられていると思いますので、体重に影響はないのかな?
何とも言えませんが、体重に関しては自己管理していただくとして、
とても食べ易く、お土産にももってこいの、ワンダおばさんチーズケーキのお話でした。

ワンダおばさん



関連タグ : ワンダおばさん, チーズケーキ, ジャスコ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。