FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


最近、久々に沖縄から東京へ帰省してきましたが、
やはり沖縄は暖かいですね。

暖かい地域から寒い地域へ行くと、寒さが身に凍みるのですが、
逆に寒いところから暖かい所へ来ると、不思議と順応が早い気がしました。
こんな風に感じるのは私だけなんでしょうかね。

沖縄に帰ってきたら、ほっとすると同時に、やはり暖かいなあと純粋に感じてしまったもので、
こうゆう表現になってしまったのかもしれません。
沖縄は常夏の地域ではないので、そのあたりは勘違いする人が多いのですが、
この時期に沖縄に来ても「うわっ暑い!」とは感じませんので、念のため。
「うわっ暑い!」を感じたければ、タイあたりまで行かないと駄目かもしれませんよ。
まあ天気予報で見ると、どうしても気温の高い傾向の沖縄県、常夏に感じるのかもしれませんが。

さて、内地といえばこの時期は紅葉が美しいのですが、
私の実家の近所も下の写真のように、もみじが赤く美しくなっていましたので、
下の写真にしてみました。

紅葉もみじ


なかなか沖縄に居ては、見られない光景ですが、
欠点は紅葉の時期はすでに寒いということです。
寒いのが苦手な私は、もうすこしで体調不良になるとこでした。
やはり、寒いのは苦手だということを再認識した次第です。
寒さを感じても良い!という方は、覚悟を決めて内地へお出かけなさいまし。
私は寒いので逃げ帰ってきました。
もう花粉の時期が終わる5月ごろまでは内地に行きませんよ。



関連タグ : 紅葉, もみじ,

雪塩ラスク


今回は、雪塩ラスクの紹介です。
上記の写真の食べ物なんですが、このラスクがまた変わっていて、
カステラをベースに作られています。

雪塩ラスク2

食してみますと、絶妙な食感です。
どんな感じか・・・
ラスクは食べた感じが、バリッというか、歯ごたえのあるという印象がありますね。
ところが、この雪塩ラスクは、バリッと感は少なく、どちらかというとサクッと感が強いのです。
本当にカステラをそのままトーストしたような歯ごたえなのです。
だから絶妙な食感。

味は、甘さの中に塩味がある。
それでいてしょっぱくはないのです。
塩の味で甘みが引き立つのでしょうかね。よくわかりませんが・・・
なので、すごく甘いわけではなく、程よい甘さに仕上げられているのでした。

こちらの商品は、リンクを張ってご紹介したいのですが、
入手方法としては、宮古島へ行くか、那覇で購入の2パターンしかないようです。
国際通りなどに雪塩専門のスイーツのお店があるみたいですが、
私自身は空港で購入したため、そちらの店舗での状況は確認しておりません。
ホームページを見ると買えそうな感じですね。
“宮古島の雪塩”で検索し、初めに出てくる、「宮古島の雪塩公式サイト」をクリックしてみてください。
店舗情報などが載っています。

沖縄のお土産のひとつにカウントしてもいいですね。


関連タグ : 雪塩, 雪塩ラスク, カステラ,

沖縄食堂の“島菜”に行ってきました。
それもなんと朝ご飯です。
朝忙しく出勤している、朝御飯抜きの方には朗報ですよ。

この“島菜”は午前7時に開いて、バイキング朝食を行っているのです。
2010年7月28日から、朝食に限らず、
昼食、夕食の時間帯がすべてバイキング形式になったようですね。
私が行ったのは朝御飯の部です。

7時から9時半までやっているようです。
オープンと同時に駆け込んでみると、
すでに何名かの先客がいました。
いずれもこれからお仕事に行きます!という感じの方々です。

それにしても、バイキング方式ですので、
量はかなり食べることができます。
島菜というお店の名前だけあって、どれもこれも野菜を使用した、
身体に優しいヘルシーなメニューで、普段高カロリー気味&食べすぎの身には、もってこいです。
野菜がメインであるおかず、そしてご飯も玄米&白米からチョイス可能で、味噌汁もあります。
最後には、黒糖も何種類か並んでいて、味を比べられるのがまた良いのでした。
黒糖食べてまったりと・・・

朝だから、そんなにたくさんはいただけませんでしたが、
毎朝でも来たくなるような構成ですね。
朝御飯の大切さを改めて認識させてくれる、そんなお店でした。
お仕事の前にどうですか。

島菜

あんまりいい写真ではありませんが、ご勘弁を・・・


関連タグ : 島菜, 朝御飯, バイキング,

ローハイドの入口

これは国際通りにある、ステーキのお店“ローハイド”の入口です。
国際通りには、ステーキのお店が多いのですが、
そのうちの一つのお店です。

1ポンドステーキが2480円のところ→1980円
という看板につられて、階段を昇ってみると、
そこには西部劇風のアメリカンな店内がありました。

1ポンドは約450グラムに相当するのですが、
着席してメニューを見るまでは、食べる気でおりました。
が、しかし、冷静に450グラムは多いよなあ・・・ということになり、
体重の増加を気にしてか、2人で分ける事になりました。
おかげでかなり安く済んでしまったのですが・・・

運ばれてきたステーキを見てビックリ!
やはりデカイ!でかすぎて写真撮るの忘れました。
取り分けて食べるのは正解かもしれません。
450グラムなんて、わけなく食べられる。という方はチャレンジしてみてください。

お店の方が言うには、内地からの旅行の方は、
意外にもお一人で450グラム完食されるのだそうです。
沖縄に来て、気分がノリノリなんでしょうね。いいことです。
ぜひ450グラムステーキで沖縄を満喫されてくださいね。

ということで、ステーキのお店ローハイドでした。
ローハイド ステーキ」で検索してみると、ぐるナビなんかに出ていますね。
那覇の国際通りでステーキと思ったら、参考にしてみてください。



関連タグ : 1ポンド, ステーキ, ローハイド, 国際通り,

アップキティバーガー

道の駅かでなの2階にあるレストランUP-KITTY(アップキティ)では、
写真のようなジャンボハンバーガーを食べることができます。
しかも、基地を窓越しに見ながらですので、ちょっとした休憩になりますね。
このレストランは、雰囲気はアメリカな感じもします。

ここで話題のジャンボチーズバーガーを注文してみたところ、かなり大きいです。
写真にタバコを置いて撮ってみました。
ちょうどタバコの箱2箱分です。
1人で食べるには量が多いので、2人でちょうど良い具合かも。
ケチャップが2種類付いてくるので、お好みで食べてみるといいでしょう。
ハンバーガー自体の味はかなり大味な感じがしますので、ケチャップ少し多めの方がいいかもと思いました。

行った日は雨でしたので、景色も悪い上に、
土曜日とあって、飛行機も発着がほとんどない様子でした。
平日であれば、戦闘機なども多く見ることができるのですが・・・
とか思っていると、1機のプロペラ機が上がっていきました。
機種を確認しようにも、大雨ですので、音を聞いた瞬間に雲の中へ・・・
晴れていれば、きっと飛行機が飛び立つのを窓ごしに見れると思います。

話を戻して、このジャンボハンバーガー1度お試しください。
道の駅の建物の2階のレストランです。

因みにこの道の駅かでなは、
1階 お土産店、パーラー
2階 レストランUP-KITTY
3階 資料室
4階 展望台
となっております。