FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


2010年7月

石垣島へ来たからには、どこかの島へ一つと考えていました。
石垣島は先島諸島の離島航路の拠点となっているので、
高速船でほとんどの島へ渡ることができます。

散々悩んだ挙句、一番近い竹富島へ渡ることにしました。
本当は、アイランドホッピングのように、各島々を巡りたいのですが、
船の運航システムが石垣拠点となっており、各島間を結ぶ船はあるにはあるのですが、
とても本数が少なく、利用しにくいのです。
なので、島から島へ渡るには、一度石垣に戻ってくるしかないのでした。
そこで、多くの島へ渡るのを諦め、竹富島一つに絞ったのです。

とても近いし、竹富島には、昔の沖縄の原風景が残っていて、
そこをゆっくり巡るというのも、なかなか良いではないですか・・・

竹富島は、石垣の離島桟橋から所要時間10分と、とても近いため、
船の本数も多く、安栄観光、八重山観光フェリー、石垣ドリーム観光の3社が運行しています。
この3社は、波照間島と与那国島以外にはほとんど運行しています。
特に竹富島は、本数が多く、待たずに乗ることができます。
往復でチケットを購入した方が安いので、時間などをよく調べてから船会社を決めましょうね。
八重山観光フェリーと安栄観光は共通乗船といって、どちらのチケットでどちらの船会社の船にも乗れるようです。(竹富島と黒島のみ)
石垣ドリーム観光は、行き帰りともに同じ会社の船にしか乗れません。

さて、いよいよ出発です。
私たちは何も考えず、石垣ドリーム観光の往復チケットを買いました。
快適な高速船で、わずか10分。
大して揺れることもなく、あっという間に竹富島の桟橋に到着したのでした。




スポンサーサイト



関連タグ : 竹富島, 石垣ドリーム観光, 離島桟橋,