FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


Gala青い海という施設が、読谷村にあります。
とても綺麗な海の目の前というロケーションです。
場所は、ホテル日航アリビラから程近いところです。

ここには、塩作りの体験や、グラスアート、陶芸工房などがありそれぞれ体験することができるようです。
ただ、塩作り体験は結構本格的かもしれませんね。
何といっても、海水濃縮施設なるものがあり、いつも何かがグルグル回っている建物があったり、
塩の博物館みたいな感じで、世界のいろんな塩が展示されていたりと、
とにかく力が入っているように感じるのです。

それに“塩アイスクリーム”が美味しいのですよ。
ここでしか味わうことのできないアイスクリーム?かもしれませんよ。
立ち寄った際にはぜひ、お試しください。

さて、本題ですが、
このGala青い海に、付随してというか、道を挟んで海よりに下ったところにあるのが、
最近できた、「さんごの畑」です。
ここで、さんご礁を養殖して、海に移植するといった、
言わば珊瑚保護活動をやっている、すばらしい施設なのです。
今のエコの時代にピッタリだと思いませんか?

チケットは、Gala青い海の総合案内カウンターで購入することになっているようです。
因みにこの施設の代表の金城浩二さんは、映画「てぃだかんかん」のモデルになった方なのです。
地道な活動をここまで持ってくるのには、想像以上の苦労があったことでしょう。

中では、サンゴを実際に養殖している様子を見せてくれます。
海の中にあるサンゴを、陸上で間近に見れるなんて、何だかわくわくしませんか。
これから、もっともっと珊瑚礁が沖縄の島に復活してくることを祈って・・・

さんご


スポンサーサイト



関連タグ : Gala青い海, さんご畑, , 塩アイスクリーム, てぃだかんかん,