FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


これを書いているのが、6月18日(金)。
まもなく沖縄本島地方は梅雨明けしそうな感じです。
沖縄に移住して3年目ですが、今年はその中でも一番梅雨らしかったと思うのは、
私だけなんでしょうかねえ。
それだけ沖縄の生活に慣れてきたということ・・・
などなど勝手に解釈しております。

1週間の長期予報を見てみると、明日以降は晴れの日が多くなっているので、勝手に梅雨明けと判断しているのでした。
内地と沖縄では1ヵ月も夏の始まりに差が出るのですね。
改めて沖縄ってだいぶ南にあるんだなあと、実感した次第です。

この夏に沖縄を訪れる方もきっと多いことと思います。
5月の入域観光客数は、46万5000人と5月単月では、過去最高を記録したという記事も、
沖縄タイムスに出ていました。
ただ、低価格競争の煽りを受けて、収益率はそれほどでもないという見方もあるようです。
この夏はもっと多くの観光客が見込めるのではないかという期待を持っている企業が多いのではないでしょうか。
国際線の燃油サーチャージが値上がりすると、沖縄にとっては有利との考え方もあるようですね。


私個人の思いとしては、
まずは一人でも多くの方に沖縄に来ていただき、気に入っていただいた上で、
できたら、また繰り返し何度も沖縄に来ていただきたいと思っています。
そんな思いもこめてこのブログを発信していっています。
沖縄に移住して、住まわせてもらっている者として、できることはこのくらいかと。

まだまだ、沖縄の観光及び移住に関してのデータとしては成り立たない部分が多く、
私個人の独断・偏見・主観で書かせていただいていますが、
今後もお付き合いください。

7月にはいよいよ先島の石垣島にも行って来ます。
先島のこともブログにアップできるので楽しみにしています。
それでは。


沖縄県の読谷村にある“むら咲むら”です。

場所は読谷村の、ホテル日航アリビラの近くと言えばわかるでしょうか。
地図
県道6号線に入ってきて、ホテル日航アリビラに向かう途中にあります。

この施設は、一歩中に入ってみると、昔の沖縄の風景か?と言わんばかりの、
琉球家屋が並んでいて、
その各建物の中では、やちむん体験、紅型の体験、黒糖作り体験などなど、
様々な種類の体験ができます。
入口で入場料を払って中に入り、何かの体験をする時は、
別途料金が発生する仕組みになっています。

お土産コーナーだけは入場料は不要なのですが、
入場料を払って中に入れないと、買えない物もあるとか聞いたことがあります。
なので、一度は入場するしかなそうですね。
リピートしたい方は、年間パスポートもありますので、よくご検討の上ご購入を。

さて、そんな“むら咲むら”に体験型の宿泊施設がオープンするみたいですね。
最近そばを通ったところ、
何やら見慣れぬ綺麗な建物が建っているではないですか。
どう見ても“むら咲むら”の敷地内ですので、アパートではないなと思いつつも、
一応写真に収めておきました。
むら咲むら


家でインターネットで調べてみると、やはり宿泊施設でした。
沖縄の様々なものを体験しまくりたいという方には、朗報ですね。
ただ、調べによると、7月20日オープンで、7月と8月前半にかけては、満室(FULL)の状態でした。
また読谷村に宿泊施設が増えましたね。
選択肢が増えるのはよい事と思います。
ぜひ読谷村にお越しください。



以前に瀬長島については書いたことがありましたが、
先日琉球新報のホームページを見ていたところ、
「瀬長島温泉が着工する」という記事を見つけました。

初め沖縄本島北部にある瀬底島と勘違いして、??と思ったのですが、
瀬長島と読み直して、なるほどと思いました。

温泉の施設と、宿泊施設も併設されるということで、
なかなか面白い施設になりそうです。
那覇空港からも近いので、内地へ帰る直前の遊び場として、
脚光を浴びそうな予感がしますね。
温泉に浸かって旅を締めくくるみたいな方法です。
沖縄では温泉施設は珍しいですからね。希少価値がでるはず。

那覇空港の新滑走路の建設も決まり、ようやくこの計画にもGoサインといったところでしょうか。
ただ、この沖合いを埋め立てた場合、環境にどう影響してくるんでしょうかねえ。
確かに滑走路1本では、それが閉鎖となると、飛行機がメインの足となっている沖縄県にとって、
深刻な影響を受けることは間違いなしなので、
滑走路は2本あったほうが安心できるとも言えます。
自衛隊も一緒に使用している空港ですので、なおさらそうなってきてしまいますね。
この、環境を含めた判断はとても難しいと思います。

話が逸れましたが、とにかく瀬長島には新施設ができることが決まったようですので、
また一つ観光地が増えることになります。
これから着工して、来年の夏に開業予定だそうで、気長に待つことにしましょう。
今年の夏は、こうした施設ができる前の瀬長島ということになりますね。
飛行機を見たり、島の裏側で夕日を見たりもできますから、活用の方法はいくらでもあると思われますので、
ちょっと内地に帰るまで時間が余ったなあ・・・と思ったら、
足を運んでみてくださいね。
開業を楽しみ待つことにしましょう。

エリマキトカゲのアイスクリーム


面白いアイスの情報がもたらされました。

おそらく、沖縄県にしか売ってないと思うのですが、
面白いアイスが、復刻版で再販復活したという情報です。
早速コンビニに走り、購入してきました。
その名も「帰ってきた!!えりまきトカゲ」と言います。

コンビニのファミリーマートに行ってみると、売っていましたよ~。
値段は一つ¥74となっていて、お手頃価格でした。
販売者は、沖縄明治乳業㈱となっているので、やはり沖縄限定なんでしょうか。
もし、内地で見た方がいたらごめんなさいね。
私はこのネーミングのアイスを見たのは初めてなもので・・・
というわけで、どうしてもこのブログで紹介したくなって購入した次第です。

味は昔よく食べていた、アイスの周りにチョコレートがコーティングされているタイプです。
そのコーティングされている、チョコにクランチビスケットもまぶしてあって、
なかなかいける味です。
1本と言わずに、2本目、3本目と食べたくなってしまいます。
これまた私が甘党のせいかもしれないのですが・・・

これから到来する夏の暑い季節には、ちょうどよい商品です。
が、甘くて喉が渇きそうすね。
冷たいお茶も一緒に買ってはどうかな?とか考えてしまいました。
それから、飲みの後にも欲しくなる一品かもしれませんね。

もし機会があれば、話の種に食べてみてはいかがでしょうか。
なんか、このブログ食べ物関連がやたら多い気もしてきた、今日この頃です。



トニーグッピーライブ


面白いライブを見に行きました。
トニーグッピーというミュージシャンのライブです。
場所はプラザハウスショッピングセンター。
たまたまチケットが手に入ったので行ってみようということになったのでした。

このトニーグッピーという人すごいんです。
何がすごいかって、スティールパンという、今まで見た事もない楽器を使って、音楽を奏でるのですから。

STEELPANという楽器ですが、
見たところ普通の太鼓に見えますが、太鼓の皮がはってある部分に、
大きな台所で使うボールが埋め込まれていて、
そのボールの内側の部分を、叩いて音を出すという楽器なんです。
ちゃんとここを叩くと“ド”次は“レ”とか決まっていて、
それをつなげていくことで、音楽になるんですね。
ただの台所で使うボールみたいなのに、ここまで音が出るなんて、すごいと思いました。
2オクターブの音階とのことでした。それにしてもすごい!

ライブが始まったときは、その太鼓の皮の部分に鍵盤があるのかな?
と思っていましたが、ライブの途中でトニーグッピー自らが楽器の仕組みについて説明してくれたので、
全てが明らかになりました。
こんな楽器があったんですね。

プラザハウスの、2階のいつもは自由に行き来できる場所を会場にして行われたライブですので、
チケットがなくても、
別のフロアや場所から、音楽自体は楽しめた方は多かったのではないでしょうか。
でも、この音楽の音階の一部が、まさかSTEELPANから出ているとは、気が付かないかもしれませんね。

多くの方々が集まった大盛況の、トニーグッピーライブは、このような不思議な音を聞きながら、
週末のプラザハウスの夜を楽しませてくれました。