沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
imacafe


最近また新たなカフェを発見しました。
「imacafe」です。
場所は、沖縄市上地で、グラウンド通りという通りに面しております。
普通に車で走っていると、ついうっかり見逃してしまうこともありますので、
ゆっくり走って探してみましょうね。

念のため地図を載せておきます⇒地図

車で行くと、駐車場は店の目の前です。
小さなスペースが3台分あります。

早速店の中へ入ってみましょう。
一歩入ると、右手にカウンターがあって、一人で来ても大丈夫そうな雰囲気です。
ソファ席なんかもありますよ。

おうちのリビングに居るような気分になることをコンセプトにしたような店内の内装でした。
雑誌や本も置いてあるので、好きなものを持ってきては、
ゆったりと寛いだ気分でコーヒーを飲むことができました。

ランチセットなど、食事のメニューも充実していましたが、
今回は行ったのが食事の時間でなかったので、
ケーキセットにしました。上の写真がそれです。

外は雨でしたが、美味しいケーキをいただきながら、ゆるりとした時間を過ごす。
こんな休日も、やっぱりありなのではないでしょうか。
おかげで長居をさせてもらいました。
次に行ったら、食事をしてみたいですね。

カフェが好きな方は、ぜひ一度足を運んでみてください。
静かにのんびりしたい方は、よい気分転換になることと思いますよ。







スポンサーサイト
ねんりんや抹茶


ねんりん家のバームクーヘン、つかの間の帰省ついでに買ってきてしまいました。
このブログの趣旨からは外れるのですが、
やはり、美味しいものを紹介する意味で書いてみました。

買ったのは、マウントバーム 和菓子の芽「お抹茶」 ホール 小。
ねんりん家のホームページで調べてみると、どうやら、羽田空港と東京駅でしか買えないようです。
通信販売もやっていない会社ですので、希少価値は高いのではないでしょうか。

沖縄に帰ってきてから食べてみましたが、
やはりこの“ねんりん家”のバームクーヘンは、周りの砂糖がしっかり付いていることでしょう。
この部分が好きという私はただの甘党なんでしょうか。
もちろん、他のというかこの砂糖以外の部分もまた、お抹茶の味がしてとても美味しいです。
ノーマルのものに薄くお抹茶の味が入ったという感じですね。
バームクーヘンの味もしっかりとしています。

ホール小は意外と小さく、あっという間に食べてしまいましたよ。
あーこんなことなら、もう一つ多めに買っておけばよかった・・・と思っても後の祭りです。
但し賞味期限が意外と短いのですね。ホームページによると、9日間とのこと。

もし東京に行く機会があったり、友人が行くといったことがあれば、
この“ねんりん家”のバームクーヘンを是非買ってきてと、頼んでみてはいかがでしょうか。
または、誰かが羽田空港から沖縄へ来るというのであれば、またお願いしてみるのもいいかもしれません。
こうでもしないと、入手こんなんですので、
通信販売をして欲しいというのが、本当のとこなんですが・・・

東京からのお土産に困っている方がいたら、
是非お勧めしてみたい、東京土産の一品ということになりますかね。







この沖縄旅行の方法のシリーズも5回目です。
ここら辺で一区切りつけたいですね。

個人の手配の方法について、
飛行機のチケットの予約の仕方⇒航空各社ホームページなど
ホテルの手配の仕方⇒各ホテルのページや、じゃらんnetなどに
ついて書いてきました。

今回は、沖縄では移動手段の一つとなっている、レンタカーについて少し書きます。
最近はレンタカーを、夏のシーズンになるとよく見かけるようになりました。
レンタカーの台数というのも、かなりの数になるのではと思います。
平成19年現在で、沖縄県内1万8千台というデータもあるそうなので、今では2万台に近づいているのではないでしょうか。
まあすごい数の車両数ですね。
観光地に行くと、圧倒的にレンタカーの方が多いですから。

レンタカー会社も、大手のものから、沖縄にだけしか営業所がない会社まで揃っているので、
どこにしようか迷ってしまうほどです。
空港で借りる場合は、近隣の空港営業所まで無料バスで送迎してもらって借りるか、おもろまちのDFSまで行って借りる方法の2種類になるかと思われます。

フリーツアーに付いてくるレンタカーは、旅行会社によって指定されていることがほとんどですが、
個人で勝手に手配となると、これまた選び放題ということになり、各社をあたり、
料金比較をしてみて一番有利なところで借りるしかないですね。

レンタカーを借りたら、必ず保険には入っておきましょう。
基本的な保険はセットされていますが、任意で入ることができるものがある会社もありますので、
そういった任意では入れる保険があったなら、多少高くでも加入しておいた方が無難ではあります。
偉い目にあうこともありますので・・・・

沖縄格安レンタカー
などのページでいろいろと調べてみましょう。
このページだと、各社レンタカーの料金が見れるので、比較検討しやすいのではないでしょうか。
各社いろいろな特典があったりするので、いろいろ調べて自分であった会社を探しましょう。


レンタカーの利用はどうも・・・という方は、
読谷村や恩納村の各ホテルへ空港からリムジンバスが運行されていますので、
こちらを利用するのも一つの手ではあります。
この場合ホテルに着いたら移動の足がタクシーくらいしかないことになりますので、
ホテルライフを満喫するには持って来いの方法かもしれませんよ。
のんびりしたい!ホテルに居られたら満足!という方は、あえて、この空港リムジンバスを利用してみてはいかがでしょうか。
きっとまた違ったリゾート沖縄が見えてくることでしょう。



沖縄の旅行術について、第4回目となりました。
前回は、個人旅行の手配の飛行機チケットについてでしたが、
今回はホテルの手配について書いていきたいと思います。

飛行機の手配ができて、時間が決まったら、
次はホテルとレンタカーの手配ですね。

ホテルは沖縄県内はかなりの数ありますので、
選択の幅はとても広がると思います。

ドミトリータイプの料金の安い宿から、超高級のホテルまでバリエーションはとても豊富です。
どこに泊まるかは、ガイドブックを見るなり、
じゃらんnetなどで検索すれば出てきます。

他にもいろいろなサイトがあります。
この文章の一番最後に載せておきますので、参考までにご確認ください。

実は、このホテル選びは考え方によってはとても面白い作業です。
自分が沖縄に来て何がしたいか。
のんびりしたいのか、動き回りたいのか、マリンスポーツを楽しみたいのか、などなど、
旅行の目的によって好きな宿を自分のスタイルに合わせて設定できますからね。
大いに悩む部分ではありますが、これが楽しいという方もいますからね。

のんびりしたいのなら、コンドミニアムタイプのホテルに素泊まりで1週間とか、
動き回りたいなら、毎日移動しながら、何種類かの宿を楽しむとか、
マリンスポーツであれば、設備の充実した海沿いの宿に連泊とか、
いろいろな設定は可能ですので、大いに悩んで決めるようにしましょうね。
実はこの旅行のために悩んでいる時間というのが、一番贅沢な時間なのかもしれませんよ。

ホームページを持っている宿であれば、
直接そのサイトから申し込んだ方が料金が安い場合もありますし、
総合サイトから申し込んでポイントが付くのであれば、そのポイントを次回に使うことも可能です。
どの方法が一番お得なのか、よく見極める必要がありますね。
これは沖縄旅行に限った話ではなくて、どこに行くのも一緒のことが言えますが。

沖縄滞在で、よいホテルが見つかりますように。



以下のサイトは、ホテルを手配している旅行社のものです。参考までに。

宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」

総合宿泊予約サイト【J-Yado】オススメ宿泊プランが盛りだくさん!
格安ホテルから高級旅館まで、宿泊予約は『まいやど』で

yoyaQ.com(ヨヤキュードットコム)

宿ぷらざ
夏に向けての沖縄旅行。
皆さん目的地に沖縄という選択肢はありますか?

前回と前々回では、沖縄のパッケージツアーと、フリーツアーについて書かせてもらいましたが、
今回は、完全なるフリーツアーというか、自由旅行の設計についてです。

あんまり前回のフリーツアーと仕組みは変わらないのですが、
手配を旅行会社が行うのではなく、自分が行うというところが大きな違いではないでしょうか。
飛行機、ホテル、レンタカー、この3つを抑えれば、それほど難しいものではありませんよ。

この方法は、完全に自分で行いたい人や、旅行期間が4日間を超えて1週間くらいになる人にとっては、
有効な手配の方法かもしれません。
4日間くらいだと、逆にフリーツアーの方が安く上がったりしますので、
一概にどっちがお徳かは組んでみないとわからないことが多いです。
もし、台風などで足止めを喰らった場合などには、この自分で手配した航空券は、
変更時にあの空港の長蛇の列に並ばなくても、電話で変更ができるというメリットがあります。
おそらく団体扱いのチケットなのか、個人の扱いのチケットなのかの違いがあるのでしょう。

航空券の手配は、JALやANA、スカイマークエアラインのホームページで、直接予約します。
JALはスーパー先得割、ANAはスーパー旅割、スカイマークはスカイバーゲンなどなど、
各種の割引料金があります。
いずれも早めの予約が必要になりますので、チェックしてみてください。
お盆などのピークには、この安い料金設定がなかったり、
またあっても、比較的高かったりしますので、注意が必要です。
まあピーク時に料金が高くなるのは仕方がないことがあるのですが。

まずはこの飛行機を取らないと、沖縄は島であるという特性上、来る手段が限られてきますからね。
とにかく、個人手配の場合は、飛行機を予約することが先決となります。
ここから手配が始まるのです。

長くなってきましたので、続きはまた次回です。
次回はホテル手配の予定。


航空会社各社のホームページ以外でも、
国内格安航空券販売サイトからの、予約もできます。
以下のサイトを参考にしてみてください。
エアナビ.com

国内激安航空券サイト旅ポケ.com

国内最大級の格安航空券サイト

エアーズゲート 国内激安航空券

国内格安航空券販売サイトJDA


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。