FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


神戸空港


沖縄から、神戸空港に行く機会が最近ありました。

神戸空港は、日本航空(JAL)が撤退を表明した空港で、
JALの経営再建の一環として、神戸空港からの撤退が確定しています。
時期としては、6月以降ということになっているので、
6月以降は沖縄から神戸空港へは、全日空とスカイマークのみの就航ということになりますね。

関西圏は、神戸の他にも、伊丹空港や関西空港もあるので、
JALは他の空港の便数を増やすということになるのでしょうかね。
伊丹空港が大阪市内に近くて最も便利なのですが、騒音問題から乗り入れ便数が限られているみたいで、
沖縄からは、JAL、ANA各1往復しか設定がありません。
しかも関西ベースのダイヤ設定のために、沖縄から伊丹へ向かうとなると、夕方の出発になってしまい、現地での時間を有効に使えないということにもなります。関西発の観光客がターゲットなのでしょう。

なので、沖縄からだと、神戸か関西へ飛ぶ方が、現地での時間を有効に活用できることになります。
料金的には神戸を利用した方が、航空券自体は安い設定が多いようにも見受けられます。
安ければ、神戸まで早割りの早め予約で1万円くらいです。スカイマークはもう少し安いかもしれません。

神戸空港から、神戸市内へのアクセスとしては、ポートライナーで三宮まで20分くらいとなっているので、
もし神戸の観光も一緒にと考えているのなら、
行きは神戸空港へ飛び、帰りは関西か伊丹から飛ぶというのも、ルーティングの一つではあります。
神戸から大阪の梅田へは、JR、阪神、阪急の3ルートからの選択となり、所要時間は20~30分くらいとなります。
神戸空港から関西空港へは、ベイ・シャトルという船でアクセス可能です。

神戸空港への飛行は、窓から外を見ていたら、着陸直前に真下に明石海峡大橋が見えました。
海上空港なので海に着陸するような錯覚にも陥ります。
風が強いと揺れることもあります。ベルトはしっかり締めておきたいですね・・・

今後は、沖縄からANAかスカイマークで神戸へ飛ぶことになるでしょう。
JALは関西空港がメインになってくるのでしょうか。
航空業界の再編の行方も目が放せない状況ですね。




スポンサーサイト