FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


塩ゴマちんすこう


さて、沖縄銘菓、ちんすこう研究の続きです。
というか食べ比べ・・・

今日の紹介は、「塩胡麻ちんすこう」です。
これは、お菓子のポルシェが製造しています。
お菓子御殿を経営している会社ですね。そして紅いもタルトも作っていると言えば、
おわかりいただけるでしょうか。

あの病み付きになりそうな紅いもタルトを製造というだけで、
なかなか期待が持てそうな“ちんすこう”ではないですか。

早速試食してみました。
写真の塩胡麻ちんすこうですが、こちらもまた一袋に1つ入りというパッケージですね。
味は、ちんすこうの甘さが、塩味で引き立つという表現が正しいかどうかわかりませんが、そんな感じ。
口の中でうまいこと塩と砂糖がミックスされ、
後味で塩が勝つという印象ですね。しかし、塩っ辛くはなく、程よい塩の加減。
そして、かすかに香る胡麻の風味・・・

このお塩もまたぬちまーすという塩を使っているようですね。
以前このブログでも紹介させて頂いたことがありますが、
ぬちまーすは宮城島に見学可能な工場がある、ちょっと珍しい塩なのです。
それを使っているところが、また渋いですね。
ちょこっとしたコラボということになります。

“お菓子のポルシェ”で検索して、お菓子のポルシェのホームページを覗いてみると、
なんと、売れ筋ランキングでは、紅いもタルトの次にこの塩胡麻ちんすこうがランクインしていました。
人気があるんですね。
塩と胡麻と砂糖の味がうまく混ざっているところに、人気の秘密があるのでしょうか。

内地へのお土産にまた一つ候補が増えてしまいました。

太ってきそうですが、もう少しだけ、ちんすこうの紹介を続けます。
次々回くらいにまたちんすこうの話でも・・・





スポンサーサイト