FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


今回はながはま製菓のちんすこうです。

ながはま製菓という会社が作成するちんすこう。
このながはま製菓の工場は、内部を見学ができるそうです。
見に行った、そしてちんすこうを作る体験もしたという方のブログが、いくつか散見できました。

ながはま製菓の場所は恩納村の読谷寄りに位置しています。
そういえば、ながはま製菓の看板を、県道6号線沿いに見た記憶があります。
読谷村に長浜という地名がありますが、そこではなく恩納村の真栄田という場所ですね。

その見学や体験までできるという“ながはま製菓の”ちんすこう。
早速入手して食べてみました。
食べたのは、紅芋味のちんすこう。
意外とあっさりとした味付けでした。
チョコとかもかかっていないので、ちんすこうそのままの味?なんでしょうか?
これならば、お茶とかなくても、ちんすこう単独で食べられそうです。
ちんすこうの中ではあっさりと直感したのは、甘党の私だけ??
くれぐれも、これは私の感想ですよ・・・。

ながはま製菓では、
紅芋の他にも、バニラ、パイン、黒糖、ココナッツ、チョコなどの味のちんすこうが取り揃えられていて、
お土産品として各種買って、内地に持ち帰れば、喜ばれ、珍しがられるでしょう。
さらに、まったく初めてちんすこうを食べるという人に、味の比較などをしてもらったら、
本当に純粋な評価が得られるかもしれません。
気に入ってくれたら、沖縄に来たいと思ってくれて、観光客増加に貢献とかなればよいのですが。

この他にもまだまだ紹介したいちんすこうもあるので、このちんすこうシリーズはまだ続行予定です。
ちんすこうの試食しすぎに付き、私の体重が上がってきたら、
一時中断しようかなと思っています。
それではまた。

ながはまちんすこう
スポンサーサイト