FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


宜野座 阪神対日ハム


2月13日に、宜野座村の野球場で行われた、プロ野球の練習試合。
阪神対日本ハム戦を見学に行ってきました。
この日は、土曜日ということもあって、沖縄本島でキャンプを行う各球団が、試合などのイベントを行っていたようですが、何となく宜野座に来てしまいました。

12時30分試合開始ということでしたのが、
寝坊につき、現地に到着したのが12時10分くらいでした。
恐ろしいことに、すでに駐車場は満車の状態でした。

駐車場を探して走り回ることになりましたが、
国道329号線を挟んで、反対側の図書館がある方に何とか駐車スペースを発見。
流石に路上駐車はまずいので、ちゃんとした駐車場に入れました。

歩いて野球場方面に向かっていると、
まだ次々に野球観戦に来たと思われる車が右往左往しておりました。
警備の方の話では、朝の8時半には野球場に近いところの駐車場は満車になってしまったとのこと。
阪神タイガースだけあって、ファンも多いのでしょう。
宜野座球場では、この1試合が年にたった1回のプロ野球の試合となるわけですから、
かなり希少価値がありますよね。

野球場ではすでに試合が始まる寸前。
スコアボードは、人が手書きで書いたものを外してまた入れるという昔からの方式のものでした。
今は電光掲示板が主流ですから、珍しいですね。
そんなローカルな雰囲気で試合は行われました。

なんと言っても、練習試合ということで無料で入場できます。
外野席は芝生ですので、好きなところに座って観戦できます。
スタンドは内野の方にしかないのですが、もうすでに満員の状態でしたので、外野の芝生席に行きました。
阪神の応援団の方も来ていて、トランペットや太鼓で応援していました。
ただ、ちょっと北風が寒い日でしたので、もう少し暖かければよかったなと思ったりもしました。

もう今年は、宜野座球場でのプロ野球の試合はないと思いますが、
来年のために・・・
・練習試合の日は、朝早くに球場近くの駐車場は満車になるので注意。
その場合は焦らずに、国道329号を挟んで反対側に行ってみれば、何とかなるかも。
・芝生席に座る場合は、何か敷物があった方がよいです。
・北風が吹いたら寒いので、防寒対策を・・・
などでしょうか。

スポンサーサイト