FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


今はホエールウォッチングの時期ですね。
この沖縄にとっては冬である、寒い時期にザトウクジラが繁殖のために沖縄の近海にやって来るのです。
そのザトウクジラを見に行くのがホエールウォッチングの船なのです。

毎日、ザトウクジラを見るために、
那覇や、北谷、恩納村などからクルーズ船が出航しています。
無料のクーポン紙などを見ていると、よくクジラを見に行くクルーズのツアーが開催されていて、
クーポンを出すと少し安くなることが多いようですね。

クジラに逢えるかどうかの遭遇率は99.8%などと言われています。
しかし、逢えない人も中にはいるのでしょうね・・・・
運悪く0.2%に当たった人は・・・・

ザトウクジラは自然界の生き物ですので、何時にどの海域で待ち合わせなんてこともできないので、
遭遇できない場合などもない話ではないのでしょうね。
そんな時は、きっとその船の船長さんが一生懸命に周辺海域を探し回ってくれることでしょう。


船に乗らずとも、クジラを遠望できることもあります。
読谷村の残波岬あたりで、海を見ていたところ、沖にクジラの尻尾らしきものを発見!
その後ブシューと水しぶきが上がるのが見え、波間に巨大なクジラの姿が・・・
そして、今度は尻尾をしっかりと、確認できました。
こんなところで、クジラを遠望できるなんて・・・・感動しましたね。
何か得した気分に。

残波岬の灯台の方に聞いた話では、
クジラは回遊しているので、こうして残波沖に現れることもあるんだとか・・
「見れたの?よかったねえ」と言われました。

残波岬では、クジラの遭遇率はかなり低いと思われますので、あまり期待はしない方がよいでしょう。
北風の吹きつける、寒い残波岬で、来るのかどうかわからないクジラを待っているのも、
精神的にきついものがあると思いますよ。
なので、クジラに絶対逢いたい!と心から思った方は、
ホエールウォッチングのクルーズ船に乗ることをお勧めします。
しかし、それでも絶対はないことも忘れないでくださいね。
あくまでも、クジラは自然界の生き物ですので・・・

スポンサーサイト