FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


トラ 宜野座


行ってみました。
宜野座村にて行われている、阪神タイガースのキャンプです。
あいにくの空模様でしたが、非常に多くの人で賑わっていました。

場所は宜野座村の沖縄道宜野座インターチェンジを出てすぐのところです。
大きなバルーンが国道329号沿いに見えるので、入口はすぐにわかると思います。
厳密には、宜野座村役場の近くにある宜野座ドーム周辺の野球場や、陸上競技場などが使われています。
駐車場は、あちこちに散らばってありますので、係りの人に聞くと駐車場所を教えてくれます。

阪神タイガースは流石に人気の球団だけあって、意外と混雑しています。
行ったのがたまたま土曜日であったせいもありますが、関西圏などからはツアーも組まれていて、はるばるやって来ると聞きました。
沖縄県にとっては、こうして来て頂けるだけでもありがたいですよね。
ついでに観光などもしてくれると、もっとありがたいです。

駐車スペースに車を停めて、野球場の方へ近づいてみます。
野球選手の活動エリアとしては、宜野座ドームを中心に、メインの屋外野球場、サブグランドとしての陸上競技場、宜野座ドーム隣接のブルペン、の4箇所になります。
その4箇所を順番に見ていくことになりますが、選手の動きや天候などで、ブルペンには誰もいないといったこともあります。
めげずに全て周りましょうね。

売店も出ていて、阪神タイガースのグッズもたくさん売っていましたよ。
沖縄のタイガースファンの方は必見だったりして。
簡単な軽食の屋台もでていますので、お昼ご飯を食べることもできます。
またコンビニでお弁当を買ってきて、スタンドで練習風景を見ながら食べるのも一つの方法ですね。
メイン球場が、座るところもたくさんあって、一番ゆっくり見れます。
何よりもキャンプのよいところは、選手をより近くで見られるということです。選手の会話なんかも聞こえますし、
チャンスがあればサインをもらえるかもしれません。色紙は持ってた方がいいかも。

練習時間は、2時ごろまでで一区切りみたいです。
朝は10時ごろからなんでしょうかね。そんなに早く行ったことないので、知りませんが・・・




スポンサーサイト