FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


前から気になっていた、本部の手作り市にいってきました。
やっと行けましたよ。

場所は沖縄本島北部の本部町にある、市場の中で行われます。
名護方面から海沿い国道449号線からやって来た場合、本部大橋を渡ったらすぐに県道84号の名護向けに右折して、進んでいくと、もうひとつ小さな橋があります。
その橋を渡ると、左手に本部市場があり、そこが本部手作り市の会場になります。

車の駐車は、上記の橋を渡ってすぐ右折すると、スペースがあります。
船などが置いてあって、一瞬駐車はできないように感じますが、大丈夫なようです。
無料で停められますので、ご安心を。
因みにもっとこの漁港沿いを進んでいくと、渡久地港といって水納島に渡る船の発着場があります。


さて肝心な市ですが、意外とこじんまりとやっているんだなあというのが第一印象です。
どこかのアジアの国を思わせるような雰囲気。
出店は手作り市だけあって、本当に手作りのものだけしか置いてません。
ユニークなのは、手作りのパンとか、お菓子を売っているお店が多いということです。

他には、手作りの雑貨はもちろん、Tシャツにとても面白い絵を描いて売っていたり、
植木や新鮮な野菜を売っていたり・・
非常にのんびりとしたムードで行われていました。
対象は地元の方なのでしょうか。

価格も安いので、とっても良心的な市ではありますね。
商売というか、物を売るその雰囲気を、お客さんも出店者も楽しんでいる。
そんな楽しい印象の“本部手作り市”でした。

すぐ近くには、きしもと食堂(本店)もあります。
旅行者の方はこちらを目印にやって来てもよいかもしれません。

おっと、言い忘れかけましたが、
この”本部手作り市は、毎月第3日曜日のみの開催です。いつもやってませんのでご注意を。
日にちが合えば、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。
何かをつかみ、感じられるかもしれません。
もとぶ市

スポンサーサイト