FC2ブログ
沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


先日、飲みに行った時の話です。
まず1軒目の閉店の時間まで、例によって粘りまくりです。
7時半くらいに入ったお店に、なんと午前1時まで居てしまいました。
ここでお開きになると思いきや、まだまだ続きが足りない?とのこと。

私は下戸につき飲めないのですが、
仕方なく付き合う羽目になってしまいました。
そのおかげで面白い体験というか、光景を目にすることができました。

とあるスナックしか、開いている店がないので、とりあえずそこへ行きました。
スナックで、連れはしこたま飲んでいますが、
私は、これ以上飲むと“酒豪伝説”を飲んできたとは言え、
気持ちが悪くなりそうなので、ソフトドリンクで勘弁してもらっていました。
話も弾んできた頃のこと、いきなり店の中に、見知らぬおばちゃんが・・・

「刺身はいかがですか?」
「えっ!?」と思わず聞き返してしまいました。
「ええ、刺身はいかが?こっちは牛刺しね」
どうもよそから勝手に店内に入ってきた、物売りのおばちゃんでした。
この界隈の、こうして遅くまで営業しているスナックに入り込んできては、
刺身などを売って生業にしているようなのです。
なるほど、きっとこの界隈のスナックと提携しているのでしょうね。
だから勝手にではないと思うのですが・・・。

沖縄ならではなのか、この界隈だけがこうしたシステムなのかわかりませんが、
どう考えても、スナックに入り込んでくるのは、違和感があるというか、
かえって新鮮な感じでしたね。
それに、なんか安心感みたいなものを感じました。
だって、スナックって中が見えないじゃないですか、だから最初に入るときは、なんだか緊張しますよね。
で、入ってからも、こうしたおじちゃんやおばちゃん達が、出入りしているのを見ると、不思議な感じになるんですよね。
内地では、あんまり考えられないことですから。

いやいや、本当に変わった体験でしたね。
沖縄県のスナックは、どこもこうした業者さんが出入りしているのでしょうか。
ますます面白くなってきましたね。

スポンサーサイト