沖縄の移住情報・地域情報から、癒しの島沖縄での気づきへ
◎ はじめに

沖縄移住という視点で沖縄から移住や旅行に関する情報や、それ以外のこともジャンルを問わずに、日記の形式で紹介していきます。 最近は移住情報というより、沖縄観光情報の色合いが濃くなってきましたが、さらに人生とは何か?といったことを含めて、沖縄移住が自分にもたらした影響についても、気の向くまま書いていきます。 移住にこだわらず、観光情報やいろいろなことにお役立てください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Jefという、ファーストフード店が沖縄にはあります。
Jef(ジェフ)は沖縄にしかないチェーン店で、ジェフ沖縄㈱という会社が運営しているようです。

内地では見かけないお店ですので、近くを通ったついでに寄ってみました。
与那原、豊見城、那覇などにお店があるのですが、私が行ったのは「サンライズ那覇店」です。
牧志公設市場から程近いところに、そのお店Jefはありました。

気になるメニューとしては、「ゴーヤーバーガー」があります。
まず店内のカウンターで、ゴーヤーバーガーセットを注文しました。
セットで¥580也

やがて運ばれてきたゴーヤーバーガーを早速いただきます。
うーん、食べたことのない味です。
パンの間に、ゴーヤー卵焼きが挟まれており、マヨネーズで味付けされていました。
卵とマヨネーズのコンビネーションは絶妙であり、気になりそうな、ゴーヤーの苦味はそれほどでもありませんでした。
むしろ少しは苦いですが、マヨネーズ及び卵の味が勝った感じでしょうか。
まさに沖縄でしか味わえないバーガーでしょう。

他にも、このゴーヤーバーガーの具にさらにポークを追加した、「ぬーやるバーガー」もラインナップに並んでいます。
次回はそっちを食べてみようかな。
これにポークがあれば、少しは濃い味になって意外と美味しいかもしれない・・・と思いつつ、
ジェフ店内で、ゆんたくするおじい&おばあを羨望の眼差しで見ながら、お店を後にしたのでした。



スポンサーサイト
那覇空港国際線


那覇空港の国内線のターミナルビルは、ANA側とJAL側に分かれていて、大きな建物になりますが、少し北側に歩くと、国際線のターミナルビルがあります。

沖縄発の国際線としては、台北、香港、上海、ソウルなどにフライトがあります。
航空会社は、チャイナエアライン、香港エクスプレス、中国東方航空、アシアナ航空などが就航しています。

国内線ターミナルから、北の方へ5分と歩かないうちに、小さな建物の国際線ターミナルビルが見えてきます。
とても小さな建物でなので、一見したところ、これがターミナルビルとはわからないかもしれません。

中に入ると、もうそこはアジアの雰囲気です。
保安検査を受けてからでないと、建物の端にあるチェックインカウンターに行くことはできない作りになっているので、搭乗しない人がいっても、いまひとつ空港の感じがしませんが・・・
外に出てターミナル前のベンチに座って、あたりを見回すと、一瞬東南アジアの外国の空港にいる錯覚にも捕らわれます。
発着のない時間帯は特にその雰囲気が強いです。
何故なのでしょうか??

宜野湾市の大山にある、スコーン屋さんのJardan(ジャーダン)です。
場所は、58号線を那覇から来たら、伊佐交差点で左折、坂を下りていくと少し大きめな曲がり角があります。そこをさらに左折していくと、右側にあります。
マンションの1階部分です。

駐車場は1台分しかないのですが、美味しいスコーン屋さんとあって、皆さん路上駐車している様子です。
但し、警察からの指導も入っているようですので、買いに行く際は気を使いましょうね。
時間帯によっては大変な賑わいになりますから。
とても美味しいお店ですので、なるべく迷惑が掛からないところに停めましょう。

種類は、チョコチップ、カマンベール、クリームチーズなどのスコーンがあります。
どれをとっても美味しいですよ。
売れていくそばから、どんどん焼いているようですが、本当に在庫というか材料がなくなり、生産不能になると、その時点で終了となる模様です。

店内は甘い香りが漂い、待っていてもそれほど気になりません。
コーヒーも一緒にTake outできます。
一応テーブルもありますが、注文を待っているお客さんが、座っていたりします。

遠くの方は、通りがかった時に。
観光の方は、どこかへ行く途中のおやつにいかがでしょうか。


Jardan(ジャーダン)
沖縄県宜野湾市大山3-23-1メイキャッスル1F   098-890-3736

北谷町宮城にある、浜屋そばについてです。

ここの沖縄そばは、これまた美味しいのです。
あっさりしている中にも、コクがあるとでもいったらいいのでしょうか。
それにしても、だしは透き通っています。

私は普通に”てびちそば”が観光で出来た人には無難かなと思いますが、
中でも”ゆし豆腐そば”が面白いですね。
麺の上にゆし豆腐が載っているだけなんですが、なんか美味しいのです。
但し、これは数量に限りがあるらしく、売り切れたらそれまでのようです。
因みに麺はちぢれ麺でした。

また、この浜屋そばで売っている、”ちんすこう”は美味しいと思います。
レジの付近に置いてあります。
特にコーヒー豆の乗った小さなちんすこうは、味もしっかりしていて、
「うん、これはちんすこうだなあ」とわかる味ですので、美味しく感じるのかもしれません。
プレーン味もありますよ。
沖縄そば屋さんのちんすこうというのも、意外性があって、お土産とかには喜ばれるのかもしれません。おひとついかがでしょうか。

情報としては、
浜屋そばの前の道路は、駐車禁止になっています。
パトカーの巡回もありますので、違反を取られないように注意してください。
海沿いは駐車OKですので、そちらに停めるしかないですね。
多少歩いても、罰金よりはましかと諦めてくださいね。

北谷町宮城2-99
浜屋そばでした。


遥か南に行ってしまったかのように思われた台風20号ですが、
沖縄が好きなのか、進路を大幅に変更してとうか、西から東に大きくUターンしてきました。
またまた沖縄本島に接近しつつあります。

最近の気象庁の統計を見ると、那覇市への台風の接近の回数が年毎に出ています。
2007年2回
2008年1回
2009年は今のところ1回なのでしょうか・・・

さらに那覇市を月別の接近回数で見ると、7.8.9月に集中して、10月,11月は減少。12月以降はなし。
という状況です。
お天気のことですから、どうなるかわかりませんが、11月でも那覇に台風が来た実績はあるのですね。
1992年の話ですが・・・
まあその頃から考えると、だいぶ気候も変化してきているのでしょう。

沖縄県全体への台風接近回数の統計では、台風が接近しない月は1.2.3月のみ。
その他の月は接近実績ありです。
それにしてもどこかで台風は毎月発生しているのですね。

天気は侮れません・・・

上記の資料は沖縄気象台のホームページで確認できます。

今回の台風20号は、どうゆうルートを辿るのでしょうか。
万が一にも備えておきたいものですね。
買出しに行くと台風が逸れるということも多いので、あえて行ってみようかとも思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。